兎の眼

「風が吹けば、桶屋が儲かる」の因果関係で、 何人にも幇助罪を適用し、犯罪人にする、日本の司法行政の恐るべき事実!

全ての政治家へのメール

長野恭博 オピニオン 拝啓 政治家の皆さま 2019-06-25:拝啓、偽装結婚が相変わらず増えています。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-25:拝啓、偽装結婚が相変わらず増えています。偽装結婚と女子留学生のほとんどは「Sex industry」での就労です。政治家は暗黙の了解で彼女らの違法行為を認めています。いつの時代も彼等には「comfort woman」が必要なようです…

日本人からの提案 拝啓 政治家の皆さま 2019-06-24:拝啓、外国人労働者で問題になっているのは、 ほとんどが不法滞在や資格外の不法就労者です。

日本人からの提案 拝啓 政治家の皆さま 2019-06-24:拝啓、外国人労働者で問題になっているのは、ほとんどが不法滞在や資格外の不法就労者です。この問題を解決するのは、入管法73-2条「不法な就労を助長する罪」を100%厳密に適用することです。この法律…

拝啓 政治家の皆さま   2019-06-21:拝啓、入管法は毎年、変更になっています。 そして「移民政策」の多くは法律ではなく「法務大臣」の裁量行われます。 「移民の行政」の多くは「刑事事件」にすべきではないのです。 無理に「刑事事件」にすると「この事件」のように「違法な処罰」になります。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-21:拝啓、入管法は毎年、変更になっています。そして「移民政策」の多くは法律ではなく「法務大臣」の裁量行われます。「移民の行政」の多くは「刑事事件」にすべきではないのです。無理に「刑事事件」にすると「この事件」のよ…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-20:拝啓、学生が「在留資格」を「留学」から「技術」へ変更します。 彼は「申請したA会社」で「勤務」をせずに「技術」の資格で「B社」に「勤務」します。 「入国管理局」は「OK」と言います。 A会社に権利はありません。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-20:拝啓、学生が「在留資格」を「留学」から「技術」へ変更します。彼は「申請したA会社」で「勤務」をせずに「技術」の資格で「B社」に「勤務」します。「入国管理局」は「OK」と言います。A会社に権利はありません。 下…

#MeToo 人権被害者です! 拝啓 政治家の皆さま 2019-06-19:拝啓、私は昨日、書きました。 法務大臣は「status of residence」を発行した。 しかし外務大臣がビザを発行しないことは珍しくありません。 検察官らは「status of residence格」=「ビザ」と思っています。クレイジーです。 今日は「在留資格の更新や変更」を説明します。

#MeToo 人権被害者です! 拝啓 政治家の皆さま 2019-06-19:拝啓、私は昨日、書きました。法務大臣は「status of residence」を発行した。しかし外務大臣がビザを発行しないことは珍しくありません。検察官らは「status of residence格」=「ビザ」と思ってい…

<公開メール>#MeToo 人権被害者です! 拝啓 政治家の皆さま 2019-06-19:拝啓、私は昨日、書きました。 法務大臣は「status of residence」を発行した。 しかし外務大臣がビザを発行しないことは珍しくありません。 検察官らは「status of residence格」=「ビザ」と思っています。クレイジーです。 今日は「在留資格の更新や変更」を説明します。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です! 拝啓 政治家の皆さま 2019-06-19:拝啓、私は昨日、書きました。法務大臣は「status of residence」を発行した。しかし外務大臣がビザを発行しないことは珍しくありません。検察官らは「status of residence格」=「ビ…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-18:拝啓、入国管理局は法務省の管轄です。 第一段階として法務大臣に申請して「在留資格の証明書」を貰います。 在留資格の種類は入管法で定義しています。 在留資格の付与は法務大臣の「裁量」です。 申請者の資格などは「省令」(入管法の細則)で規定しています。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-18:拝啓、入国管理局は法務省の管轄です。第一段階として法務大臣に申請して「在留資格の証明書」を貰います。在留資格の種類は入管法で定義しています。在留資格の付与は法務大臣の「裁量」です。申請者の資格などは「省令」(…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-17:拝啓、この「事件」で、警察官、検察官、 裁判官は「status of residence」と「ビザ」の関係を知りません。 日本国政府が、どのような手順で「ビザ」を「交付」しているのかを理解してください。 「status of residence」と「ビザ」は違います。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-17:拝啓、この「事件」で、警察官、検察官、裁判官は「status of residence」と「ビザ」の関係を知りません。日本国政府が、どのような手順で「ビザ」を「交付」しているのかを理解してください。「status of residence」と「ビ…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-14:拝啓、入管法は毎年変更になっております。 2014-2015年当時、検察の「起訴状」が事実であれば、 大使館職員や外交官は入管法22-4-(4)条の「支援」をした行為です。 この場合は法務大臣が「行政処分」を行うものです。 よって大使館職員や外交官は「名誉の回復」と「賠償」を求めるべきです。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-14:拝啓、入管法は毎年変更になっております。2014-2015年当時、検察の「起訴状」が事実であれば、大使館職員や外交官は入管法22-4-(4)条の「支援」をした行為です。この場合は法務大臣が「行政処分」を行うものです。よって…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-13:拝啓、フィリッピン大使館の職員や外交官は「違法な労働」をしていません。 彼らは入管法22-4-(4)条の「支援」をした理由で刑事処分されました。 この処分は違法です。よって「false charge」です。 日本政府に「名誉の回復」と賠償を求めるべきです。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-13:拝啓、フィリッピン大使館の職員や外交官は「違法な労働」をしていません。彼らは入管法22-4-(4)条の「支援」をした理由で刑事処分されました。この処分は違法です。よって「false charge」です。日本政府に「名誉の回復」と…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-13:拝啓、フィリッピン大使館の職員や外交官は「違法な労働」をしていません。 彼らは入管法22-4-(4)条の「支援」をした理由で刑事処分されました。 この処分は違法です。よって「false charge」です。 日本政府に「名誉の回復」と賠償を求めるべきです。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-13:拝啓、フィリッピン大使館の職員や外交官は「違法な労働」をしていません。彼らは入管法22-4-(4)条の「支援」をした理由で刑事処分されました。この処分は違法です。よって「false charge」です。日本政府に「名誉の回復」と…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-12:拝啓、「フィリッピン国」には、多くの犠牲者がいます。 フィッピン政府がフィリッピン国民を助けない場合、 「フィリッピ国民」も「日本の入国管理法」を勉強するべきです

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-12:拝啓、「フィリッピン国」には、多くの犠牲者がいます。フィッピン政府がフィリッピン国民を助けない場合、「フィリッピ国民」も「日本の入国管理法」を勉強するべきです。 下記サイトで、「出入国管理及び難民認定法」(Imm…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-11:拝啓、フィリッピンのメディアはまだ日本政府のハニートラップに堕ちている。 フィリッピンのメディアよ!日本政府の被害者になったフィリッピン人を助けるために、 メディア自身が、日本の「出入国管理及び難民認定法」を勉強しなさい。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-11:拝啓、フィリッピンのメディアはまだ日本政府のハニートラップに堕ちている。フィリッピンのメディアよ!日本政府の被害者になったフィリッピン人を助けるために、メディア自身が、日本の「出入国管理及び難民認定法」を勉強…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-11:拝啓、フィリッピンのメディアはまだ日本政府のハニートラップに堕ちている。 フィリッピンのメディアよ!日本政府の被害者になったフィリッピン人を助けるために、 メディア自身が、日本の「出入国管理及び難民認定法」を勉強しなさい。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-11:拝啓、フィリッピンのメディアはまだ日本政府のハニートラップに堕ちている。フィリッピンのメディアよ!日本政府の被害者になったフィリッピン人を助けるために、メディア自身が、日本の「出入国管理及び難民認定法」を勉強…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-10:拝啓、フィリッピン政府はまだ日本政府のハニートラップに堕ちている。 ロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte )大統領よ! 日本政府の被害者になったフィリッピン人を助けるために、大統領自身が、 日本の「出入国管理及び難民認定法」を勉強しなさい。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-10:拝啓、フィリッピン政府はまだ日本政府のハニートラップに堕ちている。ロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte )大統領よ!日本政府の被害者になったフィリッピン人を助けるために、大統領自身が、日本の「出入国管理及び難…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-07:拝啓、2010年の中国人、 2014ー2015年のフィリッピン大使館の「入管法違反の虚偽事件」が他の「入管法違反事件」と異なります。 それは中国人(nation)とフィリッピン人(nation)を「snipe at enemy soldiers」」にしたことです。 彼らは「懲役刑」となり、罪のない外交官らに刑法の「幇助罪」を適用したことです。 この事件は日本の「hegemony」を、Bet た戦争です。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-07:拝啓、2010年の中国人、2014ー2015年のフィリッピン大使館の「入管法違反の虚偽事件」が他の「入管法違反事件」と異なります。それは中国人(nation)とフィリッピン人(nation)を「snipe at enemy soldiers」」にしたこと…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-06:拝啓、雇用者は外国人が逮捕されると 「働く資格のない外国人を雇用すると違反になる法律を知らなかった」と言います。 それで平成21年 7月15日法律 第79号により 、 「そのような「excuse」は認めない」との法律を作りました。 それでも警察や検察は雇用者を逮捕しません。これは「collusion」そのものです。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-06:拝啓、雇用者は外国人が逮捕されると「働く資格のない外国人を雇用すると違反になる法律を知らなかった」と言います。それで平成21年 7月15日法律 第79号により 、「そのような「excuse」は認めない」との法律を作りました。…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-06:拝啓、雇用者は外国人が逮捕されると 「働く資格のない外国人を雇用すると違反になる法律を知らなかった」と言います。 それで平成21年 7月15日法律 第79号により 、 「そのような「excuse」は認めない」との法律を作りました。 それでも警察や検察は雇用者を逮捕しません。これは「collusion」そのものです。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-06:拝啓、雇用者は外国人が逮捕されると「働く資格のない外国人を雇用すると違反になる法律を知らなかった」と言います。それで平成21年 7月15日法律 第79号により 、「そのような「excuse」は認めない」との法律を作りました。…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-05:拝啓、フィリッピン大使館で発生したの「入管法」違反の「Falsehood」の「事件」は、 警察や検察だけでなく、外務省も関係しています。 よって「日本政府」の組織的な犯罪です。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-05:拝啓、フィリッピン大使館で発生したの「入管法」違反の「Falsehood」の「事件」は、警察や検察だけでなく、外務省も関係しています。よって「日本政府」の組織的な犯罪です。 第1部。日本では従来から単純・未熟練労働者は…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-04:拝啓、フィリッピン大使館の事件は、唐突に発生したのではありません。 それはあまりにも「クレイジー」です。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-04:拝啓、フィリッピン大使館の事件は、唐突に発生したのではありません。それはあまりにも「クレイジー」です。 第1部。裁判官は「判決文」で言います。以下のシナリオが私の入管法70条に対する幇助の理由です。1)私が入管法…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-04:拝啓、フィリッピン大使館の事件は、唐突に発生したのではありません。 それはあまりにも「クレイジー」です。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-04:拝啓、フィリッピン大使館の事件は、唐突に発生したのではありません。それはあまりにも「クレイジー」です。 第1部。裁判官は「判決文」で言います。以下のシナリオが私の入管法70条に対する幇助の理由です。1)私が入管法…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-03:拝啓、 フィリッピンは日本の植民地のようです。 フィリッピン大使館の入管法違反の「虚偽の事件」が、 読売新聞等2015年2月20日付の「朝刊」で掲載された。 日本政府の破廉恥な司法の犯罪です。この「法の論理」はクレイジーです。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-03:拝啓、 フィリッピンは日本の植民地のようです。フィリッピン大使館の入管法違反の「虚偽の事件」が、読売新聞等2015年2月20日付の「朝刊」で掲載された。日本政府の破廉恥な司法の犯罪です。この「法の論理」はクレ…

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-03:拝啓、 フィリッピンは日本の植民地のようです。 フィリッピン大使館の入管法違反の「虚偽の事件」が、 読売新聞等2015年2月20日付の「朝刊」で掲載された。 日本政府の破廉恥な司法の犯罪です。この「法の論理」はクレイジーです。

拝啓 政治家の皆さま 2019-06-03:拝啓、 フィリッピンは日本の植民地のようです。フィリッピン大使館の入管法違反の「虚偽の事件」が、読売新聞等2015年2月20日付の「朝刊」で掲載された。日本政府の破廉恥な司法の犯罪です。この「法の論理」はクレ…

拝啓 政治家の皆さま 2019-05-31:拝啓、英国の「ネイチャー」は「横田めぐみさん」の「remains」が「偽物」であるとは、 科学的に言えないと日本政府を非難する。 北朝鮮は「presumption of innocence」です。 日本は「カネ」の「力」で国連やドナルドトランプ大統領を動かすようになった。 中国や日本は「クレイジー」だ。

拝啓 政治家の皆さま 2019-05-31:拝啓、英国の「ネイチャー」は「横田めぐみさん」の「remains」が「偽物」であるとは、科学的に言えないと日本政府を非難する。北朝鮮は「presumption of innocence」です。日本は「カネ」の「力」で国連やドナルドトランプ…

拝啓 政治家の皆さま 2019-05-30:拝啓、なぜドナルドトランプ大統領は逮捕されないのか?。 「ロシア事件」ではなくトランプゴルフ場が不法移民を雇用したことです。 だから、大統領は違反な「日本の司法行政」を「保護」するのだろうか?

拝啓 政治家の皆さま 2019-05-30:拝啓、なぜドナルドトランプ大統領は逮捕されないのか?。「ロシア事件」ではなくトランプゴルフ場が不法移民を雇用したことです。だから、大統領は違反な「日本の司法行政」を「保護」するのだろうか? 第1部。2010年の「入管…

拝啓 政治家の皆さま 2019-05-29:拝啓、「アンゲラ・メルケル首相」に言います、 現代日本法における概念・制度はドイツの法律の影響です。 しかし「法の下での統治」を行わない司法行政はドイツの影響ではない。 これは「中国」や「北朝鮮」と同じ「儒教文化」の影響です。

拝啓 政治家の皆さま 2019-05-29:拝啓、「アンゲラ・メルケル首相」に言います、現代日本法における概念・制度はドイツの法律の影響です。しかし「法の下での統治」を行わない司法行政はドイツの影響ではない。これは「中国」や「北朝鮮」と同じ「儒教文化」…

拝啓 政治家の皆さま 2019-05-28:拝啓、マクロン大統領に言います、 私は「bill of indictment」を100%「認めて」も、よい。 ただし「bill of indictment」に書かれている犯罪の理由は「無罪」です。 それは入管法22-4-(4)で明確に規定されている。 カルロスゴーン被告も無理に「犯罪者」にされます。

拝啓 政治家の皆さま 2019-05-28:拝啓、マクロン大統領に言います、私は「bill of indictment」を100%「認めて」も、よい。ただし「bill of indictment」に書かれている犯罪の理由は「無罪」です。それは入管法22-4-(4)で明確に規定されている。カルロス…

拝啓 政治家の皆さま 2019-05-27:拝啓、阿部首相は「法の下での統治」を言わなくなった。 彼は言えないのです。 日本は「法の下での統治」を行っていないからです。 彼は中国や北朝鮮の人権ことを言う「資格」がないからです。

拝啓 政治家の皆さま 2019-05-27:拝啓、阿部首相は「法の下での統治」を言わなくなった。彼は言えないのです。日本は「法の下での統治」を行っていないからです。彼は中国や北朝鮮の人権ことを言う「資格」がないからです。 第1部。今週は「 judgment docume…

拝啓 政治家の皆さま 2019-05-24:拝啓、エマニュエル・マクロン大統領にお願いします。 「カルロスゴーン氏」に「文明国の正しい裁判」を受けさせてください。 日本は「軍国時代」の「司法構造」ですから「有罪率は99.9%」です。

拝啓 政治家の皆さま 2019-05-24:拝啓、エマニュエル・マクロン大統領にお願いします。「カルロスゴーン氏」に「文明国の正しい裁判」を受けさせてください。日本は「軍国時代」の「司法構造」ですから「有罪率は99.9%」です。 第1部。「判決の書類」に…

拝啓 政治家の皆さま 2019-05-23:拝啓、ドナルドトランプ大統領にお聞きします。 犯罪だと指摘する「phenomenon (matter, event)」.に対する 「適用する法律の「the order of priority」」は「special law.」が優先されます、よね。 日本は「General law」を「優先」しています。 法の論理がクレイジーです。米国は日本を同盟国と言えますか?

拝啓 政治家の皆さま 2019-05-23:拝啓、ドナルドトランプ大統領にお聞きします。犯罪だと指摘する「phenomenon (matter, event)」.に対する「適用する法律の「the order of priority」」は「special law.」が優先されます、よね。日本は「General law」を「…