日本の司法行政と政治家

「風が吹けば、桶屋が儲かる」の因果関係で、 何人にも幇助罪を適用し、犯罪人にする、日本の司法行政の恐るべき事実!

下記の内容を翻訳して、アメリカをはじめ北米、中南米、ヨーロッパ、アジアのメディアにメールしました。2017年2月28日  アメリカのメディアへの提言およびお願い

下記の内容を翻訳して、アメリカをはじめ北米、中南米、ヨーロッパ、アジアのメディアにメールしました。2017年2月28日

 アメリカのメディアへの提言およびお願い

拝啓、

 トランプ大統領へ下記のメールをしました。記事にしてください。

 トランプ大統領は、メキシコからの不法な移民問題について、メキシコとの国境に「壁」をつくると発言し、不法入国できないように「壁」の建設を実行しようとしていますが、大金を使って、「壁」を作るなんて馬鹿げています。クレイジーです。

 

 そんなに金を使いたいのであれば、「壁の建設費」を、貧しい労働者の医療費や生活費の支援金に回すことです。

 

 不法移民がアメリカに流入するのは、不法移民を雇用する者がいるから、金が稼げるので、アメリカに行くのです。

 アメリカで不法移民を雇用する者がいなければ、アメリカに行く理由がありません。したがって、アメリカに流入する不法移民は、いなくなります。

 

 売春する女を、買う男がいなくなれば、売春婦は存在しません。当たり前のことです。

不法移民を誘っておいて、文句をいうなんてクレイジーです。

 

 アメリカ人の雇用を奪う不法移民は、法律で、厳しく刑事処分して国外退去にすることです。これだけでは、外国人に対する恣意的な処分を禁じた国際法に反します。

したがって、不法移民として働いた者、働かせた者の両者を平等に処分することです。

 働く資格がない、不法移民については、厳しく刑事処分し、併せて、雇用した者(会社や個人)を、外国人以上に厳しく刑事処分することです。

 

 法律で、これを、確実に実行すれば、不法移民はアメリカからいなくなります。

 これをアメリカ人が、出来るか否かです。

 しかし、アメリカ人の大多数が、クレイジーになって、不法移民を使って利益を得たいと思うものが多ければ、このような平等の処分はできません。

 

 しかし、アメリカは自由と民主主義の国です。当然、法の下で統治する国です。そうであれば、多くの外国人を、合法的な移民として受け入れるしかないと思います。

 

 アメリカが必要とする、合法的な移民については、法律の下で、アメリカ人と同等に扱うことです。そうでなければ、優秀な人材がアメリカに集まらず、アメリカを強くすることはできません。優秀な人材は、世界中が欲しがっています。必用とされる国に行くだけです。

 

 在留資格はあるが、犯罪を犯したものなどについては、刑事処分をして、国外退去や再入国を認めない措置は当然であると思います。

 

 以上が、自由と民主主義の国のリーダーであるアメリカの移民政策でなければなりません。

 

難民政策については、次回、提案します。

 

 アメリカの同盟国である日本の、移民に関する法律である、入管法は、法の下の平等国際法の遵守の精神から、在留資格外の不法就労をした外国人に対しては、不法就労罪(70条)で、不法就労させた事業者には不法就労助長罪(73条の2)で、両者を平等に刑事処罰する法体系になっています。

 

 しかし、日本の司法行政は、従来から国際法国連憲章基本的人権等)に反して、

多くの外国人(合法的な移民)を恣意的に犯罪人にして国外へ強制退去させていますので、

「法の下での統治をするように!基本的人権を守るように!国際法を遵守するように!」国際社会で日本の移民行政を糾弾してください。と、前回、メールや手紙を送付したのです。

 トランプ大統領は、阿部首相と会談して、移民を不法に扱うノウハウの伝授を受けたのでしょうが、日本の真似をしてはいけません。

 

 事件の概要や告訴状、告発状などを記載したPDF、私の身分証明(パスポート)などは、関係者限定の下記URLサイトに置きましたので、ご覧ください。

 

 メールで連絡いただければ、関連資料をメールで提供いたします。

  URL   

 関連情報はプログで発信しています。

 月光仮面のおやじさん 

gekkoukamen2010.blog.fc2.com

 

 

どうぞ、私の入管法違反(幇助)事件も、

日本の不法な移民対応として糾弾するなど、メディアとして支援してください。

敬具、

2017年2月28日

私の情報を記載します。