日本の司法行政と政治家

「風が吹けば、桶屋が儲かる」の因果関係で、 何人にも幇助罪を適用し、犯罪人にする、日本の司法行政の恐るべき事実!

民進党へのメール:民進党は何をやってるんだ!政権を奪い返す気はないのか?2017年04月17日


民進党へのメール:民進党は何をやってるんだ!政権を奪い返す気はないのか?2017年04月17日


 拝啓、所属の多くの国会議員へは既にメールをしておりますが、国会で論議をお願いします」

話は、下記の3つです。
§1.「風が吹けば桶屋(Okeya)が儲かる」論法が、日本の司法の世界では、法の論理として常識になっています。(事実を記載)
 こうした論理では、あらゆる事象をテロ等に結び付け、捜査そして逮捕することができます。こうした事実に基づいて、共謀罪を反対しています。違うというなら、「入管法違犯幇助事件」の名誉回復をしてください。
 
§2.私は、「入管法違反幇助事件」で、国連人権高等弁務官事務所に「個人通報制度」を使って 苦情の提訴をしようとしました。日本はG8で唯一「個人通報制度」を批准していないので、提出できないのです。国連から言われていることは共謀罪だけではないですよ!
 批准するように、糾弾してください。警察官や検察官の犯罪でも、告訴を受理するように糾弾してください。

§3.日本では、今、(テロ等準備罪)を創設されようとしています。
 日本国民は、テロを憎んでいます。国際犯罪も憎んでいます。しかし、
今の法案では、国民は納得しません。

 詳しくは、各国語版を下記に投稿(UP)しましたので、ご紹介ください。
日本語 原文 http://oyazimirai.hatenablog.com/entry/2017/04/14/160627
 また、国連人権高等弁務官への「個人通報」の内容は、メディア等 関係者専用に下記にUPしました。 http://www.miraico.jp/メール参照
 誠意ある返信をお待ちしてます。
敬具、

長野恭博