日本の司法行政と政治家

「風が吹けば、桶屋が儲かる」の因果関係で、 何人にも幇助罪を適用し、犯罪人にする、日本の司法行政の恐るべき事実!

国会議員へのメール、国際社会に配信しています。 トランプ大統領へのメール:ただ気になることは「人権」です。偉大なトランプ大統領も、リンカーンに負けない「人権」を大事にする名大統領になってください。2017-05-30

【意見配信】トランプ大統領へのメール:ただ気になることは「人権」です。偉大なトランプ大統領も、リンカーンに負けない「人権」を大事にする名大統領になってください。2017-05-30

国会議員への共通


国際社会のメディアへ日本からニュースのヒント、トランプ大統領へのメール:ただ気になることは「人権」です。偉大なトランプ大統領も、リンカーンに負けない「人権」を大事にする名大統領になってください。2017-05-30

メディアへ共通配信

トランプ大統領へのメール:ただ気になることは「人権」です。偉大なトランプ大統領も、リンカーンに負けない「人権」を大事にする名大統領になってください。2017-05-30


拝啓、私は日本人です。偉大な大統領を尊敬しています。
 5カ国を訪問する初の外遊を終えたトランプ大統領に対する、日本のメディアの評価は酷いものです。米国の利益を追求 理念語らず「米国第一」を掲げ、理念よりも実利を追い求める「取引外交」だ。自由貿易地球温暖化を巡ってG7の結束を大きく揺さぶった。などです。

 しかし大統領は、我々はどこに行ってもホームランを打った。
 サウジアラビアでの史上最大規模の武器売却に関する取引」、NATO諸国に軍事費の負担分担を改善させる合意。G7など国際会議では、米国が巨額の貿易赤字を負っていることに理解を求めた。「パリ協定」については支持に加わらなかった。

 そして、日本のメディは言う。「民主主義」「自由貿易」「人権」といった米国がこれまで訴えてきた理念や規範で他国の牽引役を果たすという姿勢は皆無だった。
 私は思います。「自由と民主主義」は変わらないと思いますが、アメリカの使命感が変わったのだと思います。今までの政策でアメリカの経済力が落ち、アメリカ国民が苦しんでいる今、
他国を牽引する余裕がないからです。アメリカ国民との約束である「米国第一」の政策を行うことが一番重要です。

 ただ気になることは「人権」です!1863年7月のゲティスバーグの戦いで北軍が大きな勝利を収め、リンカーンは「人民の、人民による、人民のための政治」を唱えました。偉大なトランプ大統領も、リンカーンに負けない「人権」を大事にする名大統領になってください。

 私は、2010年「入管法違反幇助事件」日本政府から受けた不法な扱いに対して、国連の人権高等弁務官事務所に「個人通報制度」で告訴したいのですが、日本は「個人通報制度」の批准をしていないのでできません。「個人通報制度」の批准をするほうが先だと思います。
提出書類は下記にあります。http://www.miraico.jp/?????/ 
国際刑事裁判所への提訴を支援してください。大統領に、幸多かれと祈る!敬具、

長野恭博