日本の司法行政と政治家

「風が吹けば、桶屋が儲かる」の因果関係で、 何人にも幇助罪を適用し、犯罪人にする、日本の司法行政の恐るべき事実!

2017-07-19【国会議員への意見配信】日本の移民問題についても関心を持ってください!オバマ政権の8年間にわたる「鳴くまで待とう」の「戦略的忍耐政策」は皮肉なことに北朝鮮に時間的余裕を与え、 核とミサイル開発を向上させる結果を招いてしまった。 トランプ政権の「鳴かせてみよう」の「戦略的関与政策」でも 北朝鮮の核とミサイル開発を止められないとなると最後のオプションである軍事力の行使しか残されてない。 私は、彼の言うとおりであると思う。私だけでなく国際社会の多くが、 彼と同じ考えであると思う。トランプ大統


2017-07-19【国会議員への意見配信】日本の移民問題についても関心を持ってください!
OHCHRの「個人通報制度」を早期に批准してください。
以下は、本日、トランプ大統領や世界のメディア、各国大使館、OHCHRなどへ送信したメールです。


2017-07-19:トランプ大統領へのメール:
このメールは、トランプ大統領だけでなく国際社会のすべての方へのメールです。
大事なことは「正義」です。日本で起きていることにも関心を持ってください。
貴方がどんなに偉大でも、ちっぽけな人間でも「正義」があれば歴史を変えることができます。
そうだと思いませんか?正義の支援をお願いします!

オバマ政権の8年間にわたる「鳴くまで待とう」の「戦略的忍耐政策」は皮肉なことに北朝鮮に時間的余裕を与え、
核とミサイル開発を向上させる結果を招いてしまった。
トランプ政権の「鳴かせてみよう」の「戦略的関与政策」でも
北朝鮮の核とミサイル開発を止められないとなると最後のオプションである軍事力の行使しか残されてない。
私は、彼の言うとおりであると思う。私だけでなく国際社会の多くが、
彼と同じ考えであると思う。トランプ大統領、ガンバレ。


拝啓、私は日本人です。偉大な大統領を尊敬しています。
コリア・レポートの辺真一(ピョン・ジンイル )氏のレポートによれば、
トランプ政権は北朝鮮と取引する中国など第3国の企業、金融機関、個人を米市場、
延いては国際金融市場から締め出す「セカンダリーボイコット」にいよいよ踏み切る構えだ。
北朝鮮と貿易を行っている中国企業を制裁する内容を含んだ国防守権法(米国家安保予算構成の根拠となる法)が
7月14日、米下院を通過した。
この日、344対81で通過した国防守権法には、
北朝鮮サイバー攻撃を物質的に支援した通信会社が米国防総省との事業をできないようにする内容が含まれている。
トランプ政権の「戦略的関与政策」は「鳴かしてみよう時鳥」のようだ。
どちらにせよ、外交的、経済的圧力を加え、
孤立させることで北朝鮮を屈服させる政策を指すことには変わりはない。
オバマ政権の8年間にわたる「鳴くまで待とう」の「戦略的忍耐政策」は皮肉なことに北朝鮮に時間的余裕を与え、
核とミサイル開発を向上させる結果を招いてしまった。
トランプ政権の「鳴かせてみよう」の「戦略的関与政策」でも
北朝鮮の核とミサイル開発を止められないとなると最後のオプションである軍事力の行使しか残されてない。

私は、彼の言うとおりであると思う。私だけでなく国際社会の多くが、
彼と同じ考えであると思う。トランプ大統領、ガンバレ。

日本の移民問題についても関心を持ってください。
日本は不法就労する外国人と、彼ら雇用した者を平等に厳しく処分する法律になっていますが、
警察官らが、彼らを雇用する経営者と癒着して外国人だけを刑事処分しています。
これは、日本法だけでなく国際法違反です。
私は、2010年「入管法違反幇助事件」で日本政府から受けた不法な扱いに対して、
国連のOHCHRに「個人通報制度」で提訴したいが、日本は「個人通報制度」の批准をしていません。
提出書類は下記にあります。
http://www.miraico.jp/?????/
日本へ「個人通報制度」の批准勧告と国際刑事裁判所への提訴を支援してください。
大統領に、幸多かれと祈る!敬具、


アメリカや国際社会は、北朝鮮、中国、日本の人権侵害問題にもっと関心を持つべきです。
これらの国々では、人権に関心を持つことはありません。教養として「人権」を口しますが、
本音は「他人の不幸は蜜の味」です。国会議員とて同じです。

儒教思想が残る東アジアの国々では、特権をもった者(階級)が国民を奴隷のように扱っています。
中国などこうした国の生産物が安価であることは当然です。
貿易取引において、アメリカがこうした国々と自由に競争して負けるのは当然です。
アメリカはこうした、人権を無視した国々からの輸入には、人権税を課すべきです。

先進諸国がテロや移民問題、難民問題で苦しんでいる中、
日本では、従来から国会が批准した国際法(市民的及び政治的権利に関する国際規約(B規約 等)に反して、
日本に在住する多くの外国人を恣意的に犯罪人にして国外へ強制退去させています。
今、日本の政治に必要なことは、「法の下での統治をすること!基本的人権を擁護すること!国際法を遵守すること!」です。
入管法違反(幇助)事件】の詳細は、下記のサイト等をご覧ください。

http://saisinseikyu.izakamakura.com/
http://www.miraico.jp/index.html
http://gekkoukamen2010.blog.fc2.com/blog-category-23.html
http://www.miraico.jp/?????/

もし正義があるならば、
日本が「法の下での統治、基本的人権の擁護、国際法の遵守」が行われますように、
国会で糾弾してください。
そして、日本が「個人通報制度」の批准を行うべく国会議員として行動してください。
また、この問題は日本国内では解決しませんので国際刑事裁判所への提訴を支援してください。

以上。
追伸:必要な資料があれば要求してください。

長野恭博