日本の司法行政と政治家

「風が吹けば、桶屋が儲かる」の因果関係で、 何人にも幇助罪を適用し、犯罪人にする、日本の司法行政の恐るべき事実!

警察官は「一般論で犯罪を認めろと言って自白を強要します」。 司法行政によるナチスのような国家です。2017-09-14【国会議員への意見配信】ICCへ提訴(情報提供)しました。

2017-09-14【国会議員への意見配信】ICCへ提訴(情報提供)しました。
詳しくは、http://www.miraico.jp/?????????/ で、ご確認ください!

日本の司法行政による、明らかに「人道上の犯罪」です。
誰が「正義」をもって、日本の司法行政を正してくれるのでしょうか。
仏教では「因果因縁」「因果応報」と言います。楽しみにしています。

************************************************************************************


2017-09-14:トランプ大統領への「クレイジーである事実シリーズ」メール、第28回:

このメールは、国際社会に日本の不法な司法行政を暴露しています。

不法な社会が「テロ事件」を生んでいます。貴方の心に「正義」があれば読んでください。
アジアでは「義を見てせざるは勇なきなり」(Giwomitesezaruhayūnakinari)
「There is no courage without having to see righteousness」と言います。

貴方に何ができるかは問いません!法の下での統治を実現しなければなりません。

トランプ大統領に以下のメールを送信しました。


拝啓、私は日本人です。偉大な大統領を尊敬しています。入管法違反事件、第28回

警察官や検察官は、法の論理で、適用される罪が言えないのです。
警察官は、取調べにおいて、こう言うのです。

桜田門(警視庁のある地名)を舐めるんじゃない!一般論で(罪を)認めろ!」

検察官は、取り調べで、こう言うのです。
「一般論で(罪を)認めろ!(罪を)認めれば罰金刑にする、(罪を)認めなければ懲役刑にする」。

一般論で犯罪人にする国は、日本以外にありません。


私に直接関係するのは、
2010年に発生した、中国人4人が、いずれも飲食店で働いたとして入管法違反の不法就労罪(資格外活動)、
その4人に、「内容虚偽の雇用契約書」を渡したとして、
その不法就労罪に対する幇助罪とされた、私および共犯とされたinGungaku(金軍学)です。
(不受理ですが告訴・告発をしている)

第29回へ続きます


起訴状の訴因は、行政処分である、入管法22条の4-4の幇助行為を指摘しています。

ですから、警察官は「一般論で犯罪を認めろと言って自白を強要します」。
司法行政によるナチスのような国家です。


この適用法誤りが理解できないのが国会議員です。
もはや日本は法治国家ではありません。
ですから国際社会の支援が必要なのです。


事件の詳細(要約)(起訴状)は下記にあります。
http://www.miraico.jp/?????????/

日本の国会議員は黙っています。正義がないのです。

世界の警察官として、トランプ大統領、そして国際社会の皆さん、助けてください!
日本政府を糾弾してください。敬具、


長野恭博


国際刑事裁判所ICC)への提出資料は下記でご覧いただけます!
(一般は非公開)
http://www.miraico.jp/?????????/

不明な点は、お問合せください!

***************************************************