兎の眼

「風が吹けば、桶屋が儲かる」の因果関係で、 何人にも幇助罪を適用し、犯罪人にする、日本の司法行政の恐るべき事実!

「コロナウィルス感知器」は現在の技術で開発可能です! 重要なことは「コロナ感染者」が体の内外から出す信号をデータベースにすることです! 自由を求める国民は各国の政府に「コロナウィルス感知器」の開発を要求しましょう!

「ワクチン」に頼らない「コロナ対策」にするべきです!
「ワクチン」では「新型コロナの感染」を「防ぐこと」ことはできない!
PCR検査は時間がかかりすぎる!
いつでもどこでも感染が瞬時に判定する「コロナウィルス感知器」を開発するべきだ!
例えば、レストランなどの入り口に設置します。
判定が「非感染者」のみ入場できます。
「非感染者」はマスク無しで飲食できます!
「感染者」は施設に隔離して、「治療」を行うべきです。
これで100%、「コロナ前」の生活に戻れます!
「コロナウィルス感知器」は現在の技術で開発可能です!
重要なことは「コロナ感染者」が体の内外から出す信号をデータベースにすることです!
自由を求める国民は各国の政府に「コロナウィルス感知器」の開発を要求しましょう!

f:id:oyazimirai:20210805163508j:plain



2021年08月21日:土曜版。拝啓、
ワクチン以外の「コロナ対策」をしなければ国家滅亡の危機です!「集団免疫の獲得は不可能」です!
イギリス・オックスフォード大学の新型コロナワクチンの開発責任者が
デルタ株の感染拡大によってワクチン接種が進んでも「集団免疫の獲得」は「不可能である認識」を公表した。
イギリスではすでに成人の75%が2回のワクチン接種を終えていますが、連日2万人前後の感染者が出ています。
参考に、イスラエルは「重症患者の6割」はワクチン接種者です!
バイデン政権の「武漢ウィルスの調査結果の報告」を「楽しみ」に待っています!

ファイザーは「注意書き」をしています。「このワクチンは感染を予防するものではない」。
「このワクチンは重症化を軽減する可能性がある」。
「各国の政府」はワクチンを接種すれば「感染しない」という「デマを流布すること」をやめるべきです!
ウィルスは「伝染病=epidemic」です!「感染者」は隔離する。
「非感染者」は「自由な行動」にする。政府は基本的な「政策」を行うべきです!

ファイザーの「注意書き」の通りでした!確かに「重症になること」は軽減されるようです。
しかし、「変異」が進行すればワクチンでも「重症化」は防げない。
「過去のニュース」の動画を見るとわかる。
当時。専門家はワクチンを打つと、その効果で「変異したウイルス」でも「体内で消滅」するので拡大を防げる、
と「適当なこと」に言っていた事がよくわかる。
政府関係者の「デマ」は中国以上に酷い!

だから私は「ワクチンだけに頼る政策」は止めなさいと「提言」してきたのです!
私は「旧型コロナ」(SARS)の経験を生かせと言ってきたのです。
「コロナウィルス」は「生物」です。
ワクチンを投与するとコロナウィルスは「子孫」を残すために「変異」をして強くなります。
だから「感染者」を見つけだして「隔離」して「治療」をするべきです。
感染者を分別する方法として「PCR検査」は有効です。しかし「PCR検査」は時間がかかります。

それで私は「コロナウィルス検知器」を開発する提案をし続けているのです。
例えば、レストランなどの入口に設置して「感染者」を「瞬時」に「識別」します!
「感染者」は隔離します。「非感染者」は「コロナマスク」をせずに通常通りに「飲食」ができます。
これで経済は100%回復します。
「コロナウィルス検知器」は先進国の「コロナウィルスの感染の症状のデータbase」と
「先端技術を」フルに活用すれば開発は可能です!

各国の皆さん!政治家の皆さん!各国の政府に「コロナウィルス検知器」の開発を「要求」するべきです!
私はワクチンの接種を否定しません!
しかし「ワクチン接種」をして「後遺症のリスク」を犯しても、感染しない保証はありません!
トランプ前大統領が「何故、ワクチンの接種を拒否」したかを考えてみるべきです。


第1部。このニュースは「日本のテレビ朝日」のnewsです!
私は真実のニュースだと思います!「フェイクニュース」と思う言う人は下記に抗議してください!
https://news.tv-asahi.co.jp
https://www.youtube.com/watch?v=81n0EyPTF-4

私は、明日、も、書きます。

第2部。日本政府の人権侵害による被害者を支援してください。
入管法「資格外活動」を行った外国人に、「虚偽の雇用の契約書類」を「提供」した者は「無罪」です。
日本の国会が証明しています。
上記の行為を従来は処罰できなかったので、「入管法の改正」により処罰できるようにしました。
2017年入管法を改訂しました。
したがって過去に処罰された者は「無実」です。
しかし日本政府は被害者の名誉の回復と賠償をしていません。
日本の「与党と野党」はこの事実を隠して無視し続けています。
自由世界の繁栄は、自由と民主そして「人権の尊重」は、「法の下で支配」されることで「実現」されます。
私は真剣に日本国の「法の下での統治」を求めています。
入管法の違反」の「違法な処罰」により世界で多くの被害者がいます。
詳しくは、土曜日および「平日に送信」のメールをご覧ください。

アメリカ人の被害者もたくさんいます。
多くの中国人の被害者もたくさんいます。
多くのフィリッピン人の被害者もたくさんいます。
 
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

ICCへの提出資料。
http://www.miraico.jp/ICC-crime/

第3部。特別地帯の建設。
以下は下記をご覧ください。
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/3cb78234acbfe6c3e904040ec8528548
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/05c3e53b8ee26f4caf202ae3ce7c2af0

不明なところはメールで質問をしてください。

敬具 Yasuhiro Nagano  

長野恭博

 

追伸:
「新型コロナ」と共存して「ストレス」を感じることなく
「生命と健康」と「経済活動」を行うには「コロナ感知のCT装置」などの開発が必要です。
これは「サーマルカメラ」のように簡単に瞬時に「コロナの陰性」」が判定できる装置です。
「特定の施設」の入り口で検査をして、「陰性の人」は「コロナのマスク」なしで「通常通りに行動」できます!
皆さん、賛同をしてください。先進国で共同で早急に開発して、発展途上国に対しても、提供すべきです。


長野恭博


enzai_mirai@yahoo.co.j