兎の眼

「風が吹けば、桶屋が儲かる」の因果関係で、 何人にも幇助罪を適用し、犯罪人にする、日本の司法行政の恐るべき事実!

アメリカは「異常な国」だと思います。アメリカ人はどう思いますか? アメリカは日本との「犯罪人の引き渡し条約」を破棄すべきだ。 日本が「犯罪人の引き渡し条約」を締結している国は「米国と韓国」の2か国だけだ! 簡単に死刑にする中国だって50か国以上と締結している。 北朝鮮だって多くの国々と締結をしている。それほど日本の「司法制度」が「酷い」と言うことです。

内閣総理大臣 菅 義偉 様


2021-09-17:拝啓 
アメリカは「異常な国」だと思います。アメリカ人はどう思いますか?
アメリカは日本との「犯罪人の引き渡し条約」を破棄すべきだ。
日本が「犯罪人の引き渡し条約」を締結している国は「米国と韓国」の2か国だけだ!
簡単に死刑にする中国だって50か国以上と締結している。
北朝鮮だって多くの国々と締結をしている。それほど日本の「司法制度」が「酷い」と言うことです。

f:id:oyazimirai:20210805163508j:plain

日本は「表面的」には「人権国家」です。しかし実態は世界の多くの国々が知っています。
「米国と韓国以外の国」は「賄賂」を提供の申し出でも拒否します。
「米国と韓国以外の国」は、「自分の国の人民」を日本には「引き渡さない」と言うのです。
これが人権を大事にする真の国家です。

日本から要求があれば、「米国政府」は「米国民が如何なる人権侵害」を受けても、
アメリカ人を日本に「引き渡す」のです。その理由は「賄賂」以外には考えられません。
米国の政治家、連邦政府の職員、裁判官までがすべて異常なのです。
米国と韓国だけが日本と条約を締結する。しかし「他の全ての国々」が締結しないとは異常なのです。
正常なアメリカ人は「バイデン政権」に日本との「犯罪人の引き渡し条約」を破棄するように要求をするべきです。

日本は異常というほど「国家社会主義の国」です。
検察の要求は裁判所の決定ですから裁判は意味が無いのです。
日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告を2019年末に海外に逃亡させたとして、
「犯人隠避の罪」に問われた米国籍のマイケル・テイラー被告は懲役2年、
息子のピーター被告は懲役1年8カ月の実刑となった。
彼らは7月19日の東京地裁判決を受け入れ、控訴しない方針である。
正常なアメリカ人はバイデン政権」に日本との「犯罪人の引き渡し条約」を破棄するように要求をするべきです。

カルロス・ゴーン氏は「国連の人権理事会」が無罪の判定をしています。
日本政府は受け容れません。
日産自動車元代表取締役グレッグ・ケリー被告(米国籍)の裁判が2020年9月から続いている。
東京大学の田中亘教授は証言した「虚偽記載ではない」。
もうすぐ「判決」がでるだろう。米国は賄賂に頼らない「法の下の政治」を行うべきだ!


第1部。日産ゴーン事件「最後の証人」が示した重大見解 東大教授は法廷で「虚偽記載ではない」と述べた。
会社関係の法務に詳しいある弁護士は、「(田中教授は)商法学者の中でもホープ中のホープ」とし、
「下津裁判長はもちろんのこと、法務省のお偉方は田中証言を到底無視できない」と指摘する。
https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/life/toyokeizai-430516.html
日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告(67)を2019年末に海外に逃亡させたとして
犯人隠避の罪に問われた米国籍の親子2人が、実刑となった19日の東京地裁判決を受け入れ、
控訴しない方針であることがわかった。弁護人が21日に明らかにした。
https://www.asahi.com/articles/ASP7P2W3DP7PUTIL009.html

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98 
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194 

敬具。

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

 


追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


「中国、日本、韓国、アメリカ」は「非人権の同盟国」だ!クレイジー
日本政府に逮捕された「マイケル・テイラー氏」はアメリカに「見捨てられた」と言った!
「マイケル・テイラー氏」は無罪の「カルロスゴーン」を日本から救出した「米国のヒーロー」だ!
米国人は「マイケル・テイラー氏」を「救出」するべきだ!
「マイケル・テイラー氏」を「救出」するためには日本製品の「不買運動」を行うべきだ!
そして入管法事件」の被害者の人権を取り戻すために、世界中で日本製品の「不買運動」を行うべきだ!

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp


全文は下記のプログで公開しております。

http://haikei-souridaizin.seesaa.net/


この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。
罪名は、特別「公務員職権乱用罪」および「虚偽告訴罪」です。
検察は「告訴状」「告発状」を職権によって握りつぶしました。
よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1)外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
2)検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが「適用する法律の誤り」です。


私は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、
「名誉の回復」と「賠償」を求めます。

私は毎日、日本のみならず国際社会に発信しています。
日本は外国人労働者を必要としています。
しかしこの問題を解決しなければ外国人労働者は来ません。
また企業も安心して外国人を雇用できません。
皆さん、この問題を真剣に考えてください。