兎の眼

「風が吹けば、桶屋が儲かる」の因果関係で、 何人にも幇助罪を適用し、犯罪人にする、日本の司法行政の恐るべき事実!

長野恭博 オピニオン 金正恩 閣下 「彼女ら」は、「高収入の Sex industry」で働けなければ 偽装結婚をしてまで日本に在住する意味がないので「彼女ら」はほとんどなくなります。

朝鮮民主主義人民共和国 最高指導者 金正恩 閣下 へ。


2019-06-25:拝啓、偽装結婚が相変わらず増えています。
偽装結婚と女子留学生のほとんどは「Sex industry」での就労です。
政治家は暗黙の了解で彼女らの違法行為を認めています。
いつの時代も彼等には「comfort woman」が必要なようです。


下記サイトで、「出入国管理及び難民認定法
(Immigration Control and Refugee Recognition Act)の最新の全文を確認できます。
(日本語および英文)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


第1部。日本人の配偶者ビザは、万能ビザのように言われています。
本当の日本人配偶者であれば妻が「Sex industry」で働くことに日本人の夫は反対のはずです。
「働けないように規制」しても大きな「人権問題」にはならないと思います。
そうであれば、入管法で「在留資格」が「日本人の配偶者」と「留学」には、
「Sex industry」での就労を禁止する「法律」設定するべきです。

「彼女ら」は、「高収入の Sex industry」で働けなければ
偽装結婚をしてまで日本に在住する意味がないので「彼女ら」はほとんどなくなります。

偽装結婚の「真偽確認」のために「シーツ」」についた「精液」まで検査すること、
のほうが、大きな人権侵害です。

もともと結婚の定義が明確に決められないのです。
裁判で離婚の理由になるは「結婚の状態」ではない場合です。
「False Entries in the Original of Notarized Deeds」が
「Prescription」になり司法が「処罰」できなくなると入管法での扱いです。
「日本人の配偶者」から「永住」への「ビザ」の切り替え時期は注意が必要になるのです。
ここでも入管法22-4-4条「在留資格の取消」を使います。
「嘘偽の書類」を堤出したとして「国外退去」にするのです。
そのために「事実の調査」を行うのです。
「結婚の状態」ではないのに「不実を記載した戸籍謄本」を堤出した理由です。
入管法22-4-4条の「嘘偽の書類」が「不実の書類」になった理由だと思います。

明日に続きます。


第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。
しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。

敬具。Yasuhiro Nagano


最高指導者 金正恩 閣下 へ お願い ******************************************


日本政府は「横田めぐみさん」の「遺骨」は偽物だと断言しています。
この「遺骨」が偽物だから、北朝鮮の言うことは全て信用できない。
だから「拉致被害者」を帰せと主張しています。
しかし英国の科学雑誌「ネイチャー」はDNA鑑定に疑問を投げかけています。
今では国連やドナルドトランプ大統領までが日本政府の味方です。
北朝鮮は「ネイチャー」の疑問などを根拠に反論すべきです。
情報は下記から辿ってください。
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/05-02/050226izu-nature.htm


北朝鮮政府は日本政府へ「抗議」すべきです。
「日本政府こそ外国人の拉致」事件を「解決」すべきだ。
「Same ethnic」である「南朝鮮人」」の「被害者」は「たくさん」います。
朝鮮半島の人民」を「代表」して日本政府に抗議をしてください!
安倍政権の弱点は「入管法違反の事件」です。
日本が法の下で統治されていない証拠の「事件」です。

日本政府の「入管法違反」の虚偽を公表してください。
7月の参議院選挙に向けて、これらのことを公表して日本政府を糾弾してください。
安倍政権は慌てます。
安倍政権が倒れると、次の政権は北朝鮮に従順になると思います。

北朝鮮は日本政府が外国人を「違法に「拉致、拘禁」している」ことを公表すべきです。
北朝鮮は「日本人の拉致者」よりも多くの「外国人の被害者」がいることを「公表」するべきです。
北朝鮮は世界のメディアを北朝鮮の「味方」にするべきです。
北朝鮮政府は外国メディアや国連で公表してください。
北朝鮮政府は具体的に「私の名前」を公表してください。承認します。


私の情報 ******

 

名前 YasuhiroNagano長野恭博
携帯電話

 

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

長野恭博 オピニオン トランプ大統領 偽装結婚の「真偽確認」のために「シーツ」」についた「精液」まで検査すること、 のほうが、大きな人権侵害です。

トランプ大統領


2019-06-25:拝啓、偽装結婚が相変わらず増えています。
偽装結婚と女子留学生のほとんどは「Sex industry」での就労です。
政治家は暗黙の了解で彼女らの違法行為を認めています。
いつの時代も彼等には「comfort woman」が必要なようです。


下記サイトで、「出入国管理及び難民認定法
(Immigration Control and Refugee Recognition Act)の最新の全文を確認できます。
(日本語および英文)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


第1部。日本人の配偶者ビザは、万能ビザのように言われています。
本当の日本人配偶者であれば妻が「Sex industry」で働くことに日本人の夫は反対のはずです。
「働けないように規制」しても大きな「人権問題」にはならないと思います。
そうであれば、入管法で「在留資格」が「日本人の配偶者」と「留学」には、
「Sex industry」での就労を禁止する「法律」設定するべきです。

「彼女ら」は、「高収入の Sex industry」で働けなければ
偽装結婚をしてまで日本に在住する意味がないので「彼女ら」はほとんどなくなります。

偽装結婚の「真偽確認」のために「シーツ」」についた「精液」まで検査すること、
のほうが、大きな人権侵害です。

もともと結婚の定義が明確に決められないのです。
裁判で離婚の理由になるは「結婚の状態」ではない場合です。
「False Entries in the Original of Notarized Deeds」が
「Prescription」になり司法が「処罰」できなくなると入管法での扱いです。
「日本人の配偶者」から「永住」への「ビザ」の切り替え時期は注意が必要になるのです。
ここでも入管法22-4-4条「在留資格の取消」を使います。
「嘘偽の書類」を堤出したとして「国外退去」にするのです。
そのために「事実の調査」を行うのです。
「結婚の状態」ではないのに「不実を記載した戸籍謄本」を堤出した理由です。
入管法22-4-4条の「嘘偽の書類」が「不実の書類」になった理由だと思います。

明日に続きます。


第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。
しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。

敬具。Yasuhiro Nagano

 

私の情報 ******

 

名前 YasuhiroNagano長野恭博
携帯電話

 

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

長野恭博 オピニオン エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ 2019-06-25:日本人の配偶者ビザは、万能ビザのように言われています。

エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ


2019-06-25:拝啓、偽装結婚が相変わらず増えています。
偽装結婚と女子留学生のほとんどは「Sex industry」での就労です。
政治家は暗黙の了解で彼女らの違法行為を認めています。
いつの時代も彼等には「comfort woman」が必要なようです。


下記サイトで、「出入国管理及び難民認定法
(Immigration Control and Refugee Recognition Act)の最新の全文を確認できます。
(日本語および英文)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


第1部。日本人の配偶者ビザは、万能ビザのように言われています。
本当の日本人配偶者であれば妻が「Sex industry」で働くことに日本人の夫は反対のはずです。
「働けないように規制」しても大きな「人権問題」にはならないと思います。
そうであれば、入管法で「在留資格」が「日本人の配偶者」と「留学」には、
「Sex industry」での就労を禁止する「法律」設定するべきです。

「彼女ら」は、「高収入の Sex industry」で働けなければ
偽装結婚をしてまで日本に在住する意味がないので「彼女ら」はほとんどなくなります。

偽装結婚の「真偽確認」のために「シーツ」」についた「精液」まで検査すること、
のほうが、大きな人権侵害です。

もともと結婚の定義が明確に決められないのです。
裁判で離婚の理由になるは「結婚の状態」ではない場合です。
「False Entries in the Original of Notarized Deeds」が
「Prescription」になり司法が「処罰」できなくなると入管法での扱いです。
「日本人の配偶者」から「永住」への「ビザ」の切り替え時期は注意が必要になるのです。
ここでも入管法22-4-4条「在留資格の取消」を使います。
「嘘偽の書類」を堤出したとして「国外退去」にするのです。
そのために「事実の調査」を行うのです。
「結婚の状態」ではないのに「不実を記載した戸籍謄本」を堤出した理由です。
入管法22-4-4条の「嘘偽の書類」が「不実の書類」になった理由だと思います。

明日に続きます。


第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。
しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。

敬具。Yasuhiro Nagano


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

長野恭博 オピニオン アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 へ 2019-06-25:政治家は暗黙の了解で彼女らの違法行為を認めています。

アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 へ


2019-06-25:拝啓、偽装結婚が相変わらず増えています。
偽装結婚と女子留学生のほとんどは「Sex industry」での就労です。
政治家は暗黙の了解で彼女らの違法行為を認めています。
いつの時代も彼等には「comfort woman」が必要なようです。


下記サイトで、「出入国管理及び難民認定法
(Immigration Control and Refugee Recognition Act)の最新の全文を確認できます。
(日本語および英文)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


第1部。日本人の配偶者ビザは、万能ビザのように言われています。
本当の日本人配偶者であれば妻が「Sex industry」で働くことに日本人の夫は反対のはずです。
「働けないように規制」しても大きな「人権問題」にはならないと思います。
そうであれば、入管法で「在留資格」が「日本人の配偶者」と「留学」には、
「Sex industry」での就労を禁止する「法律」設定するべきです。

「彼女ら」は、「高収入の Sex industry」で働けなければ
偽装結婚をしてまで日本に在住する意味がないので「彼女ら」はほとんどなくなります。

偽装結婚の「真偽確認」のために「シーツ」」についた「精液」まで検査すること、
のほうが、大きな人権侵害です。

もともと結婚の定義が明確に決められないのです。
裁判で離婚の理由になるは「結婚の状態」ではない場合です。
「False Entries in the Original of Notarized Deeds」が
「Prescription」になり司法が「処罰」できなくなると入管法での扱いです。
「日本人の配偶者」から「永住」への「ビザ」の切り替え時期は注意が必要になるのです。
ここでも入管法22-4-4条「在留資格の取消」を使います。
「嘘偽の書類」を堤出したとして「国外退去」にするのです。
そのために「事実の調査」を行うのです。
「結婚の状態」ではないのに「不実を記載した戸籍謄本」を堤出した理由です。
入管法22-4-4条の「嘘偽の書類」が「不実の書類」になった理由だと思います。

明日に続きます。


第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。
しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。

敬具。Yasuhiro Nagano


追伸:
ドイツ政府は日本政府に「死刑の廃止」を要求してくれました。
日本人として感謝いたします。
入管法違反事件」では多くの外国人が犠牲になっているので、
「ICC」への「提訴」を支援してください。


私の情報 ***************

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

 

 


名前  長野恭博(Yasuhiro Nagano)

 

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 

長野恭博 オピニオン テリーザ・メイ 英国首相 へ 2019-06-25:偽装結婚と女子留学生のほとんどは「Sex industry」での就労です。

テリーザ・メイ 英国首相 へ


2019-06-25:拝啓、偽装結婚が相変わらず増えています。
偽装結婚と女子留学生のほとんどは「Sex industry」での就労です。
政治家は暗黙の了解で彼女らの違法行為を認めています。
いつの時代も彼等には「comfort woman」が必要なようです。


下記サイトで、「出入国管理及び難民認定法
(Immigration Control and Refugee Recognition Act)の最新の全文を確認できます。
(日本語および英文)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


第1部。日本人の配偶者ビザは、万能ビザのように言われています。
本当の日本人配偶者であれば妻が「Sex industry」で働くことに日本人の夫は反対のはずです。
「働けないように規制」しても大きな「人権問題」にはならないと思います。
そうであれば、入管法で「在留資格」が「日本人の配偶者」と「留学」には、
「Sex industry」での就労を禁止する「法律」設定するべきです。

「彼女ら」は、「高収入の Sex industry」で働けなければ
偽装結婚をしてまで日本に在住する意味がないので「彼女ら」はほとんどなくなります。

偽装結婚の「真偽確認」のために「シーツ」」についた「精液」まで検査すること、
のほうが、大きな人権侵害です。

もともと結婚の定義が明確に決められないのです。
裁判で離婚の理由になるは「結婚の状態」ではない場合です。
「False Entries in the Original of Notarized Deeds」が
「Prescription」になり司法が「処罰」できなくなると入管法での扱いです。
「日本人の配偶者」から「永住」への「ビザ」の切り替え時期は注意が必要になるのです。
ここでも入管法22-4-4条「在留資格の取消」を使います。
「嘘偽の書類」を堤出したとして「国外退去」にするのです。
そのために「事実の調査」を行うのです。
「結婚の状態」ではないのに「不実を記載した戸籍謄本」を堤出した理由です。
入管法22-4-4条の「嘘偽の書類」が「不実の書類」になった理由だと思います。

明日に続きます。


第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。
しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。

敬具。Yasuhiro Nagano


追伸:
英国はEUを無条件に離脱して、
国民投票を尊重して民主国家の example を 世界に見せて、ください。
入管法違反事件」では多くの外国人が犠牲になっているので、
「ICC」への「提訴」を支援してください。

 

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp

長野恭博 オピニオン 拝啓 政治家の皆さま 2019-06-25:拝啓、偽装結婚が相変わらず増えています。

拝啓 政治家の皆さま


2019-06-25:拝啓、偽装結婚が相変わらず増えています。
偽装結婚と女子留学生のほとんどは「Sex industry」での就労です。
政治家は暗黙の了解で彼女らの違法行為を認めています。
いつの時代も彼等には「comfort woman」が必要なようです。


下記サイトで、「出入国管理及び難民認定法
(Immigration Control and Refugee Recognition Act)の最新の全文を確認できます。
(日本語および英文)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


第1部。日本人の配偶者ビザは、万能ビザのように言われています。
本当の日本人配偶者であれば妻が「Sex industry」で働くことに日本人の夫は反対のはずです。
「働けないように規制」しても大きな「人権問題」にはならないと思います。
そうであれば、入管法で「在留資格」が「日本人の配偶者」と「留学」には、
「Sex industry」での就労を禁止する「法律」設定するべきです。

「彼女ら」は、「高収入の Sex industry」で働けなければ
偽装結婚をしてまで日本に在住する意味がないので「彼女ら」はほとんどなくなります。

偽装結婚の「真偽確認」のために「シーツ」」についた「精液」まで検査すること、
のほうが、大きな人権侵害です。

もともと結婚の定義が明確に決められないのです。
裁判で離婚の理由になるは「結婚の状態」ではない場合です。
「False Entries in the Original of Notarized Deeds」が
「Prescription」になり司法が「処罰」できなくなると入管法での扱いです。
「日本人の配偶者」から「永住」への「ビザ」の切り替え時期は注意が必要になるのです。
ここでも入管法22-4-4条「在留資格の取消」を使います。
「嘘偽の書類」を堤出したとして「国外退去」にするのです。
そのために「事実の調査」を行うのです。
「結婚の状態」ではないのに「不実を記載した戸籍謄本」を堤出した理由です。
入管法22-4-4条の「嘘偽の書類」が「不実の書類」になった理由だと思います。

明日に続きます。


第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。
しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。

敬具。Yasuhiro Nagano


私の情報 ******

この事件は、警察官、検察官らによる恣意的な適用法違反による犯罪です。
司法行政が立法どおり行われていることを監視するのは国会議員の仕事です。

下記のプログで公開しております。
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/

 

名前 YasuhiroNagano長野恭博
携帯電話

 

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

***********************

最高指導者 金正恩 閣下 へ 日本政府は「横田めぐみさん」の「遺骨」は偽物だと断言しています。しかし英国の科学雑誌「ネイチャー」はDNA鑑定に疑問を投げかけています。

朝鮮国際青少年旅行社 御中


拝啓、最高指導者 「Kim Jong-un   Excellency」 へ 、このEメールを「転送」してください。
このメールは、世界のメディアや各国の大使館、ホワイトハウスなどへ毎日送信している内容です。


朝鮮民主主義人民共和国 最高指導者 金正恩 閣下 へ。


2019-06-24:拝啓、外国人労働者で問題になっているのは、
ほとんどが不法滞在や資格外の不法就労者です。
この問題を解決するのは、入管法73-2条「不法な就労を助長する罪」を100%厳密に適用することです。
この法律を適用しないのは政治家の「黒い闇」です。


下記サイトで、「出入国管理及び難民認定法」(Immigration Control and Refugee Recognition Act)の最新の全文を確認できます。
(日本語および英文)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


第1部。実習生や研修生のと言う「単純労働者」の人権は「酷い」です。
一番供給の多い中国人の逃亡者が少ないのは、
彼等はブローカーから250万から300万を借りて日本に派遣されてるからです。
「中国の人材(会社)」は「彼らの親」から「貸付金の担保」を得ています。
「担保」は彼らの農地、や娘などです。
だから彼等は逃げられないだけです。

また逃げないように「受け入れ会社」は寮に「施錠」をして「中国人」を雇用して監視させています。
これは彼等のノウハウです。
私達は日本のお客さん(受け入れ会社)には「trouble」を与えません。
だから、「私たちのtechnical intern 」を採用してください。
これが彼らの「セールストーク」です。

難民認定問題で、日本政府も「慌てて」います。
難民認定に「縛り」をつけるより、
入管法73-2条「不法な就労を助長する罪」を厳密に適用すれば「偽装難民」は発生しません。

彼らを雇用する者がいませんので、彼らは「難民申請」をして日本に滞在する意味がない。
だから「偽装」の「難民申請」はなくなります。

偽装結婚が相変わらず増えています。
偽装結婚の女性と女子留学生のほとんどは「Sex industry」での「就労」です。

明日に続きます。

第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。

敬具。Yasuhiro Nagano


最高指導者 金正恩 閣下 へ お願い ******************************************


日本政府は「横田めぐみさん」の「遺骨」は偽物だと断言しています。
この「遺骨」が偽物だから、北朝鮮の言うことは全て信用できない。
だから「拉致被害者」を帰せと主張しています。
しかし英国の科学雑誌「ネイチャー」はDNA鑑定に疑問を投げかけています。
今では国連やドナルドトランプ大統領までが日本政府の味方です。
北朝鮮は「ネイチャー」の疑問などを根拠に反論すべきです。
情報は下記から辿ってください。
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/05-02/050226izu-nature.htm


北朝鮮政府は日本政府へ「抗議」すべきです。
「日本政府こそ外国人の拉致」事件を「解決」すべきだ。
「Same ethnic」である「南朝鮮人」」の「被害者」は「たくさん」います。
朝鮮半島の人民」を「代表」して日本政府に抗議をしてください!
安倍政権の弱点は「入管法違反の事件」です。
日本が法の下で統治されていない証拠の「事件」です。

日本政府の「入管法違反」の虚偽を公表してください。
7月の参議院選挙に向けて、これらのことを公表して日本政府を糾弾してください。
安倍政権は慌てます。
安倍政権が倒れると、次の政権は北朝鮮に従順になると思います。

北朝鮮は日本政府が外国人を「違法に「拉致、拘禁」している」ことを公表すべきです。
北朝鮮は「日本人の拉致者」よりも多くの「外国人の被害者」がいることを「公表」するべきです。
北朝鮮は世界のメディアを北朝鮮の「味方」にするべきです。
北朝鮮政府は外国メディアや国連で公表してください。
北朝鮮政府は具体的に「私の名前」を公表してください。承認します。


私の情報 ******

 

名前 YasuhiroNagano長野恭博
携帯電話

 

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp