兎の眼

「風が吹けば、桶屋が儲かる」の因果関係で、 何人にも幇助罪を適用し、犯罪人にする、日本の司法行政の恐るべき事実!

長野恭博 オピニオン バイデン内閣は米国の過剰農産物を「暫定移民」による消費とアフリカなどの発展途上国への食糧支援に回すべきです。 こうした政策により米国の「農民の豊かな生活」を守るだろう。

長野恭博 オピニオン


【新型567(コロナ)超え 27日】東京都で過去最多570人の感染確認
医療従事者も疲弊しきっている 検査増やせば5000人は超えるね
https://www.youtube.com/watch?v=sJHr1E3Y6B0

2020年11月29日:日曜版。拝啓、
先進国では、この先も、「少子高齢化」の流れは続くようです。
中国でさえ「少子高齢化」が進んでいます。
そのため先進国では、すべての産業で「AIの技術」を取り入れて「生産の自動化」が行われると思います。
しかし多くの専門家は言います。多くの場所で「人間の労働」を必要とする。
そのために、各国では多くの移民労働者を必要とする。
それでこの先は「移民労働者」をめぐって「奪い合い=scramble」の競争になる。
それで私は各国に「特別地帯」の建設を提案し続けてきました。
しかし各国には「特別地帯」を造る場所がありません。
それでアメリカに、メキシコ国境のアメリカ側を「特別地帯」として建設することを提案しています。
アメリカの「特別地帯」は米国の同盟国の「特別地帯」でもあります。
「今であれば」、メキシコ国境の「特別地帯」に中南米やアフリカなどから
多くの「貧民」」を「暫定移民」として受け入れることが可能です。
移民を嫌ったトランプ氏はホワイトハウスから去ります。バイデン政権は「特別地帯」に「暫定移民」を受け入れるべきです。
暫定移民は消費者でもあります。アメリカの過剰農産物は「暫定移民」によっても消費されるでしょう。
中国に依存する農業生産は輸出が不安定です。
バイデン内閣は米国の過剰農産物を「暫定移民」による消費とアフリカなどの発展途上国への食糧支援に回すべきです。
こうした政策により米国の「農民の豊かな生活」を守るだろう。

第1部。詳しくは、私の今までの提案を見てください。

難民・移民の「争奪戦scramble」がいずれ始まる。
長期的な世界の人口予測を眺めれば中東やアフリカの難民がEUに殺到している。
人道主義に立って難民・移民を大量に受け入れれば、一時的に治安悪化や宗教対立、財政の負担増は避けられない。
しかし、長期的な世界の人口予測(グラフ1)を冷静に眺めれば、現在の反発や混乱とはまるで違った風景が見えてくる。
アジア・アフリカの「人口膨張」の一方で、欧州の人口は減少を続けていく、
世界に占める相対的な地位は低下していく。
「10~20年後」の欧州では、「労働力不足」を補うために、
難民・移民の「奪い合いa scramble」が始まるだろう。

日本でも工場や売り場でロボットや人工知能(AI)の活用が広がるが、人が関与する場面は残る。
法整備や賃金など労働条件以外にも、民間の創意工夫で働きやすい魅力ある職場づくりで競うことも必要だ。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39496360Y8A221C1000000/

既に日本は「移民受け入れの大きな国」ですが、日本人だけではもう限界!
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/special/00191/

私は、明日、も、書きます。

第2部。特別地帯の建設。
以下は下記をご覧ください。
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/3cb78234acbfe6c3e904040ec8528548
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/05c3e53b8ee26f4caf202ae3ce7c2af0

第3部。日本政府の人権侵害による被害者を支援してください。
入管法「資格外活動」を行った外国人に、「虚偽の雇用契約書」を「交付した者」は「無罪」です。
国際社会の指摘により日本の国会は2017年入管法を改訂しました。
上記の行為を従来は処罰できなかったので、「入管法の改正」により処罰できるようにしました。
したがって過去に処罰された者は「無実」です。
しかし日本政府は被害者の名誉の回復と賠償をしていません。
日本の「与党と野党」はこの事実を隠して無視し続けています。
また、入管法70条「資格外の活動」で処罰を受けた外国人の多くは「無実」です。
理由は「違法に彼らを雇用した者」が入管法73-2条で処罰を受けていません。
したがって外国人は日本国憲法14条「法の下での平等」および恣意的な「処罰」を禁止した国際法に違反します。
この被害者は世界にたくさんいます。
皆さん彼らを支援してください。

由世界の繁栄は、自由と民主そして「法の下で支配」されることで「実現」されます。
詳しくは、「平日に送信」のメールをご覧ください。
ICCへの提出資料。(常に妨害の攻撃を受けています)
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanright 

不明なところはメールで質問をしてください。
敬具 Yasuhiro Nagano  

長野恭博


enzai_mirai@yahoo.co.jp

バイデン氏祖先の地アイルランド
祖父の前の前の前の前の…バイデン氏もインドにルーツ?
https://www.asahi.com/articles/ASNCL45P5NCKUHBI034.html
https://www.jiji.com/jc/article?k=20201030040760a&g=afp

長野恭博 オピニオン 移民を嫌ったトランプ氏はホワイトハウスから去ります。バイデン政権は「特別地帯」に「暫定移民」を受け入れるべきです。 暫定移民は消費者でもあります。アメリカの過剰農産物は「暫定移民」によっても消費されるでしょう。 中国に依存する農業生産は輸出が不安定です。

長野恭博 オピニオン


【新型567(コロナ)超え 27日】東京都で過去最多570人の感染確認
医療従事者も疲弊しきっている 検査増やせば5000人は超えるね
https://www.youtube.com/watch?v=sJHr1E3Y6B0

2020年11月29日:日曜版。拝啓、
先進国では、この先も、「少子高齢化」の流れは続くようです。
中国でさえ「少子高齢化」が進んでいます。
そのため先進国では、すべての産業で「AIの技術」を取り入れて「生産の自動化」が行われると思います。
しかし多くの専門家は言います。多くの場所で「人間の労働」を必要とする。
そのために、各国では多くの移民労働者を必要とする。
それでこの先は「移民労働者」をめぐって「奪い合い=scramble」の競争になる。
それで私は各国に「特別地帯」の建設を提案し続けてきました。
しかし各国には「特別地帯」を造る場所がありません。
それでアメリカに、メキシコ国境のアメリカ側を「特別地帯」として建設することを提案しています。
アメリカの「特別地帯」は米国の同盟国の「特別地帯」でもあります。
「今であれば」、メキシコ国境の「特別地帯」に中南米やアフリカなどから
多くの「貧民」」を「暫定移民」として受け入れることが可能です。
移民を嫌ったトランプ氏はホワイトハウスから去ります。バイデン政権は「特別地帯」に「暫定移民」を受け入れるべきです。
暫定移民は消費者でもあります。アメリカの過剰農産物は「暫定移民」によっても消費されるでしょう。
中国に依存する農業生産は輸出が不安定です。
バイデン内閣は米国の過剰農産物を「暫定移民」による消費とアフリカなどの発展途上国への食糧支援に回すべきです。
こうした政策により米国の「農民の豊かな生活」を守るだろう。

第1部。詳しくは、私の今までの提案を見てください。

難民・移民の「争奪戦scramble」がいずれ始まる。
長期的な世界の人口予測を眺めれば中東やアフリカの難民がEUに殺到している。
人道主義に立って難民・移民を大量に受け入れれば、一時的に治安悪化や宗教対立、財政の負担増は避けられない。
しかし、長期的な世界の人口予測(グラフ1)を冷静に眺めれば、現在の反発や混乱とはまるで違った風景が見えてくる。
アジア・アフリカの「人口膨張」の一方で、欧州の人口は減少を続けていく、
世界に占める相対的な地位は低下していく。
「10~20年後」の欧州では、「労働力不足」を補うために、
難民・移民の「奪い合いa scramble」が始まるだろう。

日本でも工場や売り場でロボットや人工知能(AI)の活用が広がるが、人が関与する場面は残る。
法整備や賃金など労働条件以外にも、民間の創意工夫で働きやすい魅力ある職場づくりで競うことも必要だ。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39496360Y8A221C1000000/

既に日本は「移民受け入れの大きな国」ですが、日本人だけではもう限界!
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/special/00191/

私は、明日、も、書きます。

第2部。特別地帯の建設。
以下は下記をご覧ください。
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/3cb78234acbfe6c3e904040ec8528548
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/05c3e53b8ee26f4caf202ae3ce7c2af0

第3部。日本政府の人権侵害による被害者を支援してください。
入管法「資格外活動」を行った外国人に、「虚偽の雇用契約書」を「交付した者」は「無罪」です。
国際社会の指摘により日本の国会は2017年入管法を改訂しました。
上記の行為を従来は処罰できなかったので、「入管法の改正」により処罰できるようにしました。
したがって過去に処罰された者は「無実」です。
しかし日本政府は被害者の名誉の回復と賠償をしていません。
日本の「与党と野党」はこの事実を隠して無視し続けています。
また、入管法70条「資格外の活動」で処罰を受けた外国人の多くは「無実」です。
理由は「違法に彼らを雇用した者」が入管法73-2条で処罰を受けていません。
したがって外国人は日本国憲法14条「法の下での平等」および恣意的な「処罰」を禁止した国際法に違反します。
この被害者は世界にたくさんいます。
皆さん彼らを支援してください。

由世界の繁栄は、自由と民主そして「法の下で支配」されることで「実現」されます。
詳しくは、「平日に送信」のメールをご覧ください。
ICCへの提出資料。(常に妨害の攻撃を受けています)
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanright 

不明なところはメールで質問をしてください。
敬具 Yasuhiro Nagano  

長野恭博


enzai_mirai@yahoo.co.jp

バイデン氏祖先の地アイルランド
祖父の前の前の前の前の…バイデン氏もインドにルーツ?
https://www.asahi.com/articles/ASNCL45P5NCKUHBI034.html
https://www.jiji.com/jc/article?k=20201030040760a&g=afp

長野恭博 オピニオン アメリカの「特別地帯」は米国の同盟国の「特別地帯」でもあります。 「今であれば」、メキシコ国境の「特別地帯」に中南米やアフリカなどから 多くの「貧民」」を「暫定移民」として受け入れることが可能です。 移民を嫌ったトランプ氏はホワイトハウスから去ります。バイデン政権は「特別地帯」に「暫定移民」を受け入れるべきです。

長野恭博 オピニオン


【新型567(コロナ)超え 27日】東京都で過去最多570人の感染確認
医療従事者も疲弊しきっている 検査増やせば5000人は超えるね
https://www.youtube.com/watch?v=sJHr1E3Y6B0

2020年11月29日:日曜版。拝啓、
先進国では、この先も、「少子高齢化」の流れは続くようです。
中国でさえ「少子高齢化」が進んでいます。
そのため先進国では、すべての産業で「AIの技術」を取り入れて「生産の自動化」が行われると思います。
しかし多くの専門家は言います。多くの場所で「人間の労働」を必要とする。
そのために、各国では多くの移民労働者を必要とする。
それでこの先は「移民労働者」をめぐって「奪い合い=scramble」の競争になる。
それで私は各国に「特別地帯」の建設を提案し続けてきました。
しかし各国には「特別地帯」を造る場所がありません。
それでアメリカに、メキシコ国境のアメリカ側を「特別地帯」として建設することを提案しています。
アメリカの「特別地帯」は米国の同盟国の「特別地帯」でもあります。
「今であれば」、メキシコ国境の「特別地帯」に中南米やアフリカなどから
多くの「貧民」」を「暫定移民」として受け入れることが可能です。
移民を嫌ったトランプ氏はホワイトハウスから去ります。バイデン政権は「特別地帯」に「暫定移民」を受け入れるべきです。
暫定移民は消費者でもあります。アメリカの過剰農産物は「暫定移民」によっても消費されるでしょう。
中国に依存する農業生産は輸出が不安定です。
バイデン内閣は米国の過剰農産物を「暫定移民」による消費とアフリカなどの発展途上国への食糧支援に回すべきです。
こうした政策により米国の「農民の豊かな生活」を守るだろう。

第1部。詳しくは、私の今までの提案を見てください。

難民・移民の「争奪戦scramble」がいずれ始まる。
長期的な世界の人口予測を眺めれば中東やアフリカの難民がEUに殺到している。
人道主義に立って難民・移民を大量に受け入れれば、一時的に治安悪化や宗教対立、財政の負担増は避けられない。
しかし、長期的な世界の人口予測(グラフ1)を冷静に眺めれば、現在の反発や混乱とはまるで違った風景が見えてくる。
アジア・アフリカの「人口膨張」の一方で、欧州の人口は減少を続けていく、
世界に占める相対的な地位は低下していく。
「10~20年後」の欧州では、「労働力不足」を補うために、
難民・移民の「奪い合いa scramble」が始まるだろう。

日本でも工場や売り場でロボットや人工知能(AI)の活用が広がるが、人が関与する場面は残る。
法整備や賃金など労働条件以外にも、民間の創意工夫で働きやすい魅力ある職場づくりで競うことも必要だ。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39496360Y8A221C1000000/

既に日本は「移民受け入れの大きな国」ですが、日本人だけではもう限界!
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/special/00191/

私は、明日、も、書きます。

第2部。特別地帯の建設。
以下は下記をご覧ください。
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/3cb78234acbfe6c3e904040ec8528548
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/05c3e53b8ee26f4caf202ae3ce7c2af0

第3部。日本政府の人権侵害による被害者を支援してください。
入管法「資格外活動」を行った外国人に、「虚偽の雇用契約書」を「交付した者」は「無罪」です。
国際社会の指摘により日本の国会は2017年入管法を改訂しました。
上記の行為を従来は処罰できなかったので、「入管法の改正」により処罰できるようにしました。
したがって過去に処罰された者は「無実」です。
しかし日本政府は被害者の名誉の回復と賠償をしていません。
日本の「与党と野党」はこの事実を隠して無視し続けています。
また、入管法70条「資格外の活動」で処罰を受けた外国人の多くは「無実」です。
理由は「違法に彼らを雇用した者」が入管法73-2条で処罰を受けていません。
したがって外国人は日本国憲法14条「法の下での平等」および恣意的な「処罰」を禁止した国際法に違反します。
この被害者は世界にたくさんいます。
皆さん彼らを支援してください。

由世界の繁栄は、自由と民主そして「法の下で支配」されることで「実現」されます。
詳しくは、「平日に送信」のメールをご覧ください。
ICCへの提出資料。(常に妨害の攻撃を受けています)
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanright 

不明なところはメールで質問をしてください。
敬具 Yasuhiro Nagano  

長野恭博


enzai_mirai@yahoo.co.jp

バイデン氏祖先の地アイルランド
祖父の前の前の前の前の…バイデン氏もインドにルーツ?
https://www.asahi.com/articles/ASNCL45P5NCKUHBI034.html
https://www.jiji.com/jc/article?k=20201030040760a&g=afp

長野恭博 オピニオン 中国でさえ「少子高齢化」が進んでいます。 そのため先進国では、すべての産業で「AIの技術」を取り入れて「生産の自動化」が行われると思います。 しかし多くの専門家は言います。多くの場所で「人間の労働」を必要とする。 そのために、各国では多くの移民労働者を必要とする。

長野恭博 オピニオン


【新型567(コロナ)超え 27日】東京都で過去最多570人の感染確認
医療従事者も疲弊しきっている 検査増やせば5000人は超えるね
https://www.youtube.com/watch?v=sJHr1E3Y6B0

2020年11月29日:日曜版。拝啓、
先進国では、この先も、「少子高齢化」の流れは続くようです。
中国でさえ「少子高齢化」が進んでいます。
そのため先進国では、すべての産業で「AIの技術」を取り入れて「生産の自動化」が行われると思います。
しかし多くの専門家は言います。多くの場所で「人間の労働」を必要とする。
そのために、各国では多くの移民労働者を必要とする。
それでこの先は「移民労働者」をめぐって「奪い合い=scramble」の競争になる。
それで私は各国に「特別地帯」の建設を提案し続けてきました。
しかし各国には「特別地帯」を造る場所がありません。
それでアメリカに、メキシコ国境のアメリカ側を「特別地帯」として建設することを提案しています。
アメリカの「特別地帯」は米国の同盟国の「特別地帯」でもあります。
「今であれば」、メキシコ国境の「特別地帯」に中南米やアフリカなどから
多くの「貧民」」を「暫定移民」として受け入れることが可能です。
移民を嫌ったトランプ氏はホワイトハウスから去ります。バイデン政権は「特別地帯」に「暫定移民」を受け入れるべきです。
暫定移民は消費者でもあります。アメリカの過剰農産物は「暫定移民」によっても消費されるでしょう。
中国に依存する農業生産は輸出が不安定です。
バイデン内閣は米国の過剰農産物を「暫定移民」による消費とアフリカなどの発展途上国への食糧支援に回すべきです。
こうした政策により米国の「農民の豊かな生活」を守るだろう。

第1部。詳しくは、私の今までの提案を見てください。

難民・移民の「争奪戦scramble」がいずれ始まる。
長期的な世界の人口予測を眺めれば中東やアフリカの難民がEUに殺到している。
人道主義に立って難民・移民を大量に受け入れれば、一時的に治安悪化や宗教対立、財政の負担増は避けられない。
しかし、長期的な世界の人口予測(グラフ1)を冷静に眺めれば、現在の反発や混乱とはまるで違った風景が見えてくる。
アジア・アフリカの「人口膨張」の一方で、欧州の人口は減少を続けていく、
世界に占める相対的な地位は低下していく。
「10~20年後」の欧州では、「労働力不足」を補うために、
難民・移民の「奪い合いa scramble」が始まるだろう。

日本でも工場や売り場でロボットや人工知能(AI)の活用が広がるが、人が関与する場面は残る。
法整備や賃金など労働条件以外にも、民間の創意工夫で働きやすい魅力ある職場づくりで競うことも必要だ。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39496360Y8A221C1000000/

既に日本は「移民受け入れの大きな国」ですが、日本人だけではもう限界!
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/special/00191/

私は、明日、も、書きます。

第2部。特別地帯の建設。
以下は下記をご覧ください。
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/3cb78234acbfe6c3e904040ec8528548
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/05c3e53b8ee26f4caf202ae3ce7c2af0

第3部。日本政府の人権侵害による被害者を支援してください。
入管法「資格外活動」を行った外国人に、「虚偽の雇用契約書」を「交付した者」は「無罪」です。
国際社会の指摘により日本の国会は2017年入管法を改訂しました。
上記の行為を従来は処罰できなかったので、「入管法の改正」により処罰できるようにしました。
したがって過去に処罰された者は「無実」です。
しかし日本政府は被害者の名誉の回復と賠償をしていません。
日本の「与党と野党」はこの事実を隠して無視し続けています。
また、入管法70条「資格外の活動」で処罰を受けた外国人の多くは「無実」です。
理由は「違法に彼らを雇用した者」が入管法73-2条で処罰を受けていません。
したがって外国人は日本国憲法14条「法の下での平等」および恣意的な「処罰」を禁止した国際法に違反します。
この被害者は世界にたくさんいます。
皆さん彼らを支援してください。

由世界の繁栄は、自由と民主そして「法の下で支配」されることで「実現」されます。
詳しくは、「平日に送信」のメールをご覧ください。
ICCへの提出資料。(常に妨害の攻撃を受けています)
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanright 

不明なところはメールで質問をしてください。
敬具 Yasuhiro Nagano  

長野恭博


enzai_mirai@yahoo.co.jp

バイデン氏祖先の地アイルランド
祖父の前の前の前の前の…バイデン氏もインドにルーツ?
https://www.asahi.com/articles/ASNCL45P5NCKUHBI034.html
https://www.jiji.com/jc/article?k=20201030040760a&g=afp

【新型567(コロナ)超え 27日】東京都で過去最多570人の感染確認 医療従事者も疲弊しきっている 検査増やせば5000人は超えるね

【新型567(コロナ)超え 27日】東京都で過去最多570人の感染確認
医療従事者も疲弊しきっている 検査増やせば5000人は超えるね
https://www.youtube.com/watch?v=sJHr1E3Y6B0

2020年11月29日:日曜版。拝啓、
先進国では、この先も、「少子高齢化」の流れは続くようです。
中国でさえ「少子高齢化」が進んでいます。
そのため先進国では、すべての産業で「AIの技術」を取り入れて「生産の自動化」が行われると思います。
しかし多くの専門家は言います。多くの場所で「人間の労働」を必要とする。
そのために、各国では多くの移民労働者を必要とする。
それでこの先は「移民労働者」をめぐって「奪い合い=scramble」の競争になる。
それで私は各国に「特別地帯」の建設を提案し続けてきました。
しかし各国には「特別地帯」を造る場所がありません。
それでアメリカに、メキシコ国境のアメリカ側を「特別地帯」として建設することを提案しています。
アメリカの「特別地帯」は米国の同盟国の「特別地帯」でもあります。
「今であれば」、メキシコ国境の「特別地帯」に中南米やアフリカなどから
多くの「貧民」」を「暫定移民」として受け入れることが可能です。
移民を嫌ったトランプ氏はホワイトハウスから去ります。バイデン政権は「特別地帯」に「暫定移民」を受け入れるべきです。
暫定移民は消費者でもあります。アメリカの過剰農産物は「暫定移民」によっても消費されるでしょう。
中国に依存する農業生産は輸出が不安定です。
バイデン内閣は米国の過剰農産物を「暫定移民」による消費とアフリカなどの発展途上国への食糧支援に回すべきです。
こうした政策により米国の「農民の豊かな生活」を守るだろう。

第1部。詳しくは、私の今までの提案を見てください。

難民・移民の「争奪戦scramble」がいずれ始まる。
長期的な世界の人口予測を眺めれば中東やアフリカの難民がEUに殺到している。
人道主義に立って難民・移民を大量に受け入れれば、一時的に治安悪化や宗教対立、財政の負担増は避けられない。
しかし、長期的な世界の人口予測(グラフ1)を冷静に眺めれば、現在の反発や混乱とはまるで違った風景が見えてくる。
アジア・アフリカの「人口膨張」の一方で、欧州の人口は減少を続けていく、
世界に占める相対的な地位は低下していく。
「10~20年後」の欧州では、「労働力不足」を補うために、
難民・移民の「奪い合いa scramble」が始まるだろう。

日本でも工場や売り場でロボットや人工知能(AI)の活用が広がるが、人が関与する場面は残る。
法整備や賃金など労働条件以外にも、民間の創意工夫で働きやすい魅力ある職場づくりで競うことも必要だ。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39496360Y8A221C1000000/

既に日本は「移民受け入れの大きな国」ですが、日本人だけではもう限界!
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/special/00191/

私は、明日、も、書きます。

第2部。特別地帯の建設。
以下は下記をご覧ください。
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/3cb78234acbfe6c3e904040ec8528548
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/05c3e53b8ee26f4caf202ae3ce7c2af0

第3部。日本政府の人権侵害による被害者を支援してください。
入管法「資格外活動」を行った外国人に、「虚偽の雇用契約書」を「交付した者」は「無罪」です。
国際社会の指摘により日本の国会は2017年入管法を改訂しました。
上記の行為を従来は処罰できなかったので、「入管法の改正」により処罰できるようにしました。
したがって過去に処罰された者は「無実」です。
しかし日本政府は被害者の名誉の回復と賠償をしていません。
日本の「与党と野党」はこの事実を隠して無視し続けています。
また、入管法70条「資格外の活動」で処罰を受けた外国人の多くは「無実」です。
理由は「違法に彼らを雇用した者」が入管法73-2条で処罰を受けていません。
したがって外国人は日本国憲法14条「法の下での平等」および恣意的な「処罰」を禁止した国際法に違反します。
この被害者は世界にたくさんいます。
皆さん彼らを支援してください。

由世界の繁栄は、自由と民主そして「法の下で支配」されることで「実現」されます。
詳しくは、「平日に送信」のメールをご覧ください。
ICCへの提出資料。(常に妨害の攻撃を受けています)
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanright 

不明なところはメールで質問をしてください。
敬具 Yasuhiro Nagano  

長野恭博


enzai_mirai@yahoo.co.jp

バイデン氏祖先の地アイルランド
祖父の前の前の前の前の…バイデン氏もインドにルーツ?
https://www.asahi.com/articles/ASNCL45P5NCKUHBI034.html
https://www.jiji.com/jc/article?k=20201030040760a&g=afp

 

研究開発費を投入すれば「水」から安く「水素」を生産することも現実的になると思います。 この計画でエネルギーの転換を行えば、既存の企業や労働者の仕事を変えずに「脱CO2」社会が実現できます。

「石油会社」は「化石燃料」の生産から「水素」を生産する会社への脱却を急ぐべきです。
第一段階とは、「シェルガス」などの「天然ガス」から「水素」と「CO2」を抽出すべきです。

2020年11月28日:土曜版。拝啓、
私たちは枯渇していく化石燃料の為に、すでに「水素」を安価に製造する研究開発を進めて来た、のです。
しかし「脱、化石燃料」の流れが「地球の温暖化」を防ぐ目的になりました。
国際石油資本の会社」は「化石燃料」の生産から「水素」を生産する会社への脱却を急ぐべきです。
バイデン氏は「電気自動車」で米国をNO1にするとの考えです。
私は「ガソリン」に代わり「水素燃料の自動車」への切り替えをすべきだと思います。
ガソリンを燃料とする乗り物は自動車だけではない。
船舶や航空機などもガソリンから「水素燃料」に切り替えるべきです。
電気自動車の「電池」には「希少金属」が使われます。
「稀少金属」の埋蔵地の多くは中国です。中国が「稀少金属」の輸出を止めれば世界の「自動車産業」は壊滅状態になります。

「水素燃料の車」は日本車で既に実用化しています。
現在の「ガソリンエンジン」の改良ですからほとんどの自動車メーカで生産できます。
課題は「安い水素」の供給と「水素ステーション」の設置です。
第一段階とは、「シェルガス」などの「天然ガス」から「水素」と「CO2」を抽出すべきです。
第2段階で「水」から「水素」を製造すべきです。
第一段階は「国際石油資本の会社」が、工場で「天然ガス」から「水素」と「CO2」を製造します。
そして「水素」は液化して、「専用のタンクローリー」で「ガソリンステーション」(GS)に設置の「ガスのタンク」に運びます。
天然ガス」から「水素」を製造する電力は「自然エネルギー」を使います。
「CO2」は「CO2リサイクル」で「炭素繊維など」を生産します。
研究開発費を投入すれば「水」から安く「水素」を生産することも現実的になると思います。
この計画でエネルギーの転換を行えば、既存の企業や労働者の仕事を変えずに「脱CO2」社会が実現できます。

第1部。米国の「シェール革命」による変化 
https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2015html/1-1-1.html

水素を常温で「液化」、大量水素社会へつながるか 
https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1306/04/news064.html

水素のはなし   水素のつくりかた  
現在主流となっているのが、天然ガスや石油(ガソリン、灯油、ナフサ)といった化石燃料から水素を取り出す方法です。
「短時間に、大量に、低コストで」製造でき、エネルギー効率も良いのがメリットですが、
枯渇していく化石燃料を使い、製造過程では二酸化炭素も排出します。
http://www.jari.or.jp/Portals/0/jhfc/column/story/09/index.html

明日に続きます。

日本政府の人権侵害による被害者の支援をお願いします。
自由世界の繁栄は、自由と民主そして「法の下で支配」されることで「実現」されます。
私は真剣に日本国の「法の下での統治」を求めています。
入管法の違反」の「違法な処罰」により世界で多くの被害者がいます。
詳しくは、土曜日および「平日に送信」のメールをご覧ください。
関係者に指示して調査させてください。

アメリカ人の被害者もたくさんいます。
多くの中国人の被害者もたくさんいます。
多くのフィリッピン人の被害者もたくさんいます。

ICCへの提出資料。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanright 

過去のメールは下記でご覧いただけます。
https://toworldmedia.blogspot.com/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/

不明なところはメールで質問をしてください。

敬具 Yasuhiro Nagano  

長野恭博

 

enzai_mirai@yahoo.co.j

第2段階で「水」から「水素」を製造すべきです。 第一段階は「国際石油資本の会社」が、工場で「天然ガス」から「水素」と「CO2」を製造します。 そして「水素」は液化して、「専用のタンクローリー」で「ガソリンステーション」(GS)に設置の「ガスのタンク」に運びます。 「天然ガス」から「水素」を製造する電力は「自然エネルギー」を使います。 「CO2」は「CO2リサイクル」で「炭素繊維など」を生産します。

「石油会社」は「化石燃料」の生産から「水素」を生産する会社への脱却を急ぐべきです。
第一段階とは、「シェルガス」などの「天然ガス」から「水素」と「CO2」を抽出すべきです。

2020年11月28日:土曜版。拝啓、
私たちは枯渇していく化石燃料の為に、すでに「水素」を安価に製造する研究開発を進めて来た、のです。
しかし「脱、化石燃料」の流れが「地球の温暖化」を防ぐ目的になりました。
国際石油資本の会社」は「化石燃料」の生産から「水素」を生産する会社への脱却を急ぐべきです。
バイデン氏は「電気自動車」で米国をNO1にするとの考えです。
私は「ガソリン」に代わり「水素燃料の自動車」への切り替えをすべきだと思います。
ガソリンを燃料とする乗り物は自動車だけではない。
船舶や航空機などもガソリンから「水素燃料」に切り替えるべきです。
電気自動車の「電池」には「希少金属」が使われます。
「稀少金属」の埋蔵地の多くは中国です。中国が「稀少金属」の輸出を止めれば世界の「自動車産業」は壊滅状態になります。

「水素燃料の車」は日本車で既に実用化しています。
現在の「ガソリンエンジン」の改良ですからほとんどの自動車メーカで生産できます。
課題は「安い水素」の供給と「水素ステーション」の設置です。
第一段階とは、「シェルガス」などの「天然ガス」から「水素」と「CO2」を抽出すべきです。
第2段階で「水」から「水素」を製造すべきです。
第一段階は「国際石油資本の会社」が、工場で「天然ガス」から「水素」と「CO2」を製造します。
そして「水素」は液化して、「専用のタンクローリー」で「ガソリンステーション」(GS)に設置の「ガスのタンク」に運びます。
天然ガス」から「水素」を製造する電力は「自然エネルギー」を使います。
「CO2」は「CO2リサイクル」で「炭素繊維など」を生産します。
研究開発費を投入すれば「水」から安く「水素」を生産することも現実的になると思います。
この計画でエネルギーの転換を行えば、既存の企業や労働者の仕事を変えずに「脱CO2」社会が実現できます。

第1部。米国の「シェール革命」による変化 
https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2015html/1-1-1.html

水素を常温で「液化」、大量水素社会へつながるか 
https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1306/04/news064.html

水素のはなし   水素のつくりかた  
現在主流となっているのが、天然ガスや石油(ガソリン、灯油、ナフサ)といった化石燃料から水素を取り出す方法です。
「短時間に、大量に、低コストで」製造でき、エネルギー効率も良いのがメリットですが、
枯渇していく化石燃料を使い、製造過程では二酸化炭素も排出します。
http://www.jari.or.jp/Portals/0/jhfc/column/story/09/index.html

明日に続きます。

日本政府の人権侵害による被害者の支援をお願いします。
自由世界の繁栄は、自由と民主そして「法の下で支配」されることで「実現」されます。
私は真剣に日本国の「法の下での統治」を求めています。
入管法の違反」の「違法な処罰」により世界で多くの被害者がいます。
詳しくは、土曜日および「平日に送信」のメールをご覧ください。
関係者に指示して調査させてください。

アメリカ人の被害者もたくさんいます。
多くの中国人の被害者もたくさんいます。
多くのフィリッピン人の被害者もたくさんいます。

ICCへの提出資料。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanright 

過去のメールは下記でご覧いただけます。
https://toworldmedia.blogspot.com/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/

不明なところはメールで質問をしてください。

敬具 Yasuhiro Nagano  

長野恭博

 

enzai_mirai@yahoo.co.j