兎の眼

「風が吹けば、桶屋が儲かる」の因果関係で、 何人にも幇助罪を適用し、犯罪人にする、日本の司法行政の恐るべき事実!

マクロン   へ   「米国のモデルナ」の「コロナとインフルエンザ」の「混合ワクチン」を「使用するシーズン」は来ないだろう、 と私は思う。 私は安易に「コロナワクチン」を開発することは、 「変異ウィルス」の「発生を促進」するので「避けるべきだ」と思う。

フランス大統領   エマニュエル・マクロン   へ   


2021-09-23:拝啓 
よいアイデアだ!
しかし、このワクチンは「緊急時の特例」ではなく「正規の治験」を行って正式に認可を受けて発売してほしい。
米国のモデルナは9月9日、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)と
季節性インフルエンザワクチンの接種が1回で済む「新型ワクチン」の開発に着手していることを明らかにした。

「ウイルス干渉」が起きていた?
疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、
死者数は1万人を超えた。2020~2021年は世界的にも最も少なかった。
理由について「ライバルのコロナが強すぎた」と話した。
あるウイルスに感染していると、他の似たタイプのウイルスには同時に感染しにくくなる。

世界的に、2シーズンはインフルエンザの流行がなかった。
日本では2019-2020、2020-2021という2つのシーズンでインフルエンザの大きな流行がみられませんでした。
(ほぼゼロです)。
このことは、2年間に渡りインフルエンザに対する免疫を持たない人が増え続けていることになります。

ある専門家の意見は「ウイルス干渉」を否定した。専門家らしくない。
感染症の専門家がインフルエンザについて、昨シーズン流行がなかったため「その分」免疫が落ちている。
今シーズンは大流行の可能性もあり。それで彼は「インフルエンザのワクチン接種」を呼びかけました。

「デルタ型」や「ミュー型」の「変異ウィルス」は「インフルエンザウィルス」よりも強力に強い。
だから今年も「ウイルス干渉」が起きるだろう。
新型コロナに感染しないように、
「コロナマスク」を装着するなどの対策をしていれば「インフルエンザの対策」にもなると思います。
「米国のモデルナ」の「コロナとインフルエンザ」の「混合ワクチン」を「使用するシーズン」は来ないだろう、
と私は思う。
私は安易に「コロナワクチン」を開発することは、
「変異ウィルス」の「発生を促進」するので「避けるべきだ」と思う。

 

f:id:oyazimirai:20210805163508j:plain

第1部。「ライバルが強すぎた」コロナが蔓延の状況下でインフル激減の理由・
インフルが流行すると、「RSウイルスの感染症」の「流行」が「鎮まる」という現象が世界的に起きている。
こうした「ウイルス干渉」が起きていたのではないかと、中山さんは指摘する。
新型コロナもインフルも、鼻やのどから侵入するという似た性質がある。
これまでの冬は、インフルにはライバルはいなかった。だが、
「この冬」は新型コロナという強力なライバルがいたために、
インフルの感染が広がる余地が少ない状態になっていたとみられるという。
https://www.asahi.com/articles/ASP3Q4F1VP2XUBQU004.html
米モデルナ、新型コロナとインフルエンザの混合ワクチン開発着手
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-moderna-idJPKBN2G51Z6
2020年2月6日:米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)は、
19~20年のインフルエンザ流行が過去10年で最悪規模になると予測している。
インフルエンザの流行が深刻だった17~18年の感染者数は4500万人、死者数は6万1000人だった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55312830W0A200C2000000/
専門家「今シーズンは、インフルエンザ大流行の可能性」秋冬に注意
ttps://www.youtube.com/watch?v=huEXiePvm5o&t=278s

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98 
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194 

敬具。

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

 

追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


「中国、日本、韓国、アメリカ」は「非人権の同盟国」だ!クレイジー
日本政府に逮捕された「マイケル・テイラー氏」はアメリカに「見捨てられた」と言った!
「マイケル・テイラー氏」は無罪の「カルロスゴーン」を日本から救出した「米国のヒーロー」だ!
米国人は「マイケル・テイラー氏」を「救出」するべきだ!
「マイケル・テイラー氏」を「救出」するためには日本製品の「不買運動」を行うべきだ!
そして入管法事件」の被害者の人権を取り戻すために、世界中で日本製品の「不買運動」を行うべきだ!

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 

 

フランス大統領 「デルタ型」や「ミュー型」の「変異ウィルス」は「インフルエンザウィルス」よりも強力に強い。 だから今年も「ウイルス干渉」が起きるだろう。 新型コロナに感染しないように、 「コロナマスク」を装着するなどの対策をしていれば「インフルエンザの対策」にもなると思います。

フランス大統領   エマニュエル・マクロン   へ   


2021-09-23:拝啓 
よいアイデアだ!
しかし、このワクチンは「緊急時の特例」ではなく「正規の治験」を行って正式に認可を受けて発売してほしい。
米国のモデルナは9月9日、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)と
季節性インフルエンザワクチンの接種が1回で済む「新型ワクチン」の開発に着手していることを明らかにした。

「ウイルス干渉」が起きていた?
疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、
死者数は1万人を超えた。2020~2021年は世界的にも最も少なかった。
理由について「ライバルのコロナが強すぎた」と話した。
あるウイルスに感染していると、他の似たタイプのウイルスには同時に感染しにくくなる。

世界的に、2シーズンはインフルエンザの流行がなかった。
日本では2019-2020、2020-2021という2つのシーズンでインフルエンザの大きな流行がみられませんでした。
(ほぼゼロです)。
このことは、2年間に渡りインフルエンザに対する免疫を持たない人が増え続けていることになります。

ある専門家の意見は「ウイルス干渉」を否定した。専門家らしくない。
感染症の専門家がインフルエンザについて、昨シーズン流行がなかったため「その分」免疫が落ちている。
今シーズンは大流行の可能性もあり。それで彼は「インフルエンザのワクチン接種」を呼びかけました。

「デルタ型」や「ミュー型」の「変異ウィルス」は「インフルエンザウィルス」よりも強力に強い。
だから今年も「ウイルス干渉」が起きるだろう。
新型コロナに感染しないように、
「コロナマスク」を装着するなどの対策をしていれば「インフルエンザの対策」にもなると思います。

 

f:id:oyazimirai:20210805163508j:plain



「米国のモデルナ」の「コロナとインフルエンザ」の「混合ワクチン」を「使用するシーズン」は来ないだろう、
と私は思う。
私は安易に「コロナワクチン」を開発することは、
「変異ウィルス」の「発生を促進」するので「避けるべきだ」と思う。

第1部。「ライバルが強すぎた」コロナが蔓延の状況下でインフル激減の理由・
インフルが流行すると、「RSウイルスの感染症」の「流行」が「鎮まる」という現象が世界的に起きている。
こうした「ウイルス干渉」が起きていたのではないかと、中山さんは指摘する。
新型コロナもインフルも、鼻やのどから侵入するという似た性質がある。
これまでの冬は、インフルにはライバルはいなかった。だが、
「この冬」は新型コロナという強力なライバルがいたために、
インフルの感染が広がる余地が少ない状態になっていたとみられるという。
https://www.asahi.com/articles/ASP3Q4F1VP2XUBQU004.html
米モデルナ、新型コロナとインフルエンザの混合ワクチン開発着手
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-moderna-idJPKBN2G51Z6
2020年2月6日:米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)は、
19~20年のインフルエンザ流行が過去10年で最悪規模になると予測している。
インフルエンザの流行が深刻だった17~18年の感染者数は4500万人、死者数は6万1000人だった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55312830W0A200C2000000/
専門家「今シーズンは、インフルエンザ大流行の可能性」秋冬に注意
ttps://www.youtube.com/watch?v=huEXiePvm5o&t=278s

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98 
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194 

敬具。

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

 

追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


「中国、日本、韓国、アメリカ」は「非人権の同盟国」だ!クレイジー
日本政府に逮捕された「マイケル・テイラー氏」はアメリカに「見捨てられた」と言った!
「マイケル・テイラー氏」は無罪の「カルロスゴーン」を日本から救出した「米国のヒーロー」だ!
米国人は「マイケル・テイラー氏」を「救出」するべきだ!
「マイケル・テイラー氏」を「救出」するためには日本製品の「不買運動」を行うべきだ!
そして入管法事件」の被害者の人権を取り戻すために、世界中で日本製品の「不買運動」を行うべきだ!

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 

 

メルケル 首相   へ ある専門家の意見は「ウイルス干渉」を否定した。専門家らしくない。 感染症の専門家がインフルエンザについて、昨シーズン流行がなかったため「その分」免疫が落ちている。 今シーズンは大流行の可能性もあり。それで彼は「インフルエンザのワクチン接種」を呼びかけました。

ドイツ連邦 アンゲラ・メルケル 首相   へ  


2021-09-23:拝啓 
よいアイデアだ!
しかし、このワクチンは「緊急時の特例」ではなく「正規の治験」を行って正式に認可を受けて発売してほしい。
米国のモデルナは9月9日、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)と
季節性インフルエンザワクチンの接種が1回で済む「新型ワクチン」の開発に着手していることを明らかにした。

「ウイルス干渉」が起きていた?
疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、
死者数は1万人を超えた。2020~2021年は世界的にも最も少なかった。
理由について「ライバルのコロナが強すぎた」と話した。
あるウイルスに感染していると、他の似たタイプのウイルスには同時に感染しにくくなる。

世界的に、2シーズンはインフルエンザの流行がなかった。
日本では2019-2020、2020-2021という2つのシーズンでインフルエンザの大きな流行がみられませんでした。
(ほぼゼロです)。
このことは、2年間に渡りインフルエンザに対する免疫を持たない人が増え続けていることになります。

ある専門家の意見は「ウイルス干渉」を否定した。専門家らしくない。
感染症の専門家がインフルエンザについて、昨シーズン流行がなかったため「その分」免疫が落ちている。
今シーズンは大流行の可能性もあり。それで彼は「インフルエンザのワクチン接種」を呼びかけました。

f:id:oyazimirai:20210805163508j:plain

 

「デルタ型」や「ミュー型」の「変異ウィルス」は「インフルエンザウィルス」よりも強力に強い。
だから今年も「ウイルス干渉」が起きるだろう。
新型コロナに感染しないように、
「コロナマスク」を装着するなどの対策をしていれば「インフルエンザの対策」にもなると思います。
「米国のモデルナ」の「コロナとインフルエンザ」の「混合ワクチン」を「使用するシーズン」は来ないだろう、
と私は思う。
私は安易に「コロナワクチン」を開発することは、
「変異ウィルス」の「発生を促進」するので「避けるべきだ」と思う。

第1部。「ライバルが強すぎた」コロナが蔓延の状況下でインフル激減の理由・
インフルが流行すると、「RSウイルスの感染症」の「流行」が「鎮まる」という現象が世界的に起きている。
こうした「ウイルス干渉」が起きていたのではないかと、中山さんは指摘する。
新型コロナもインフルも、鼻やのどから侵入するという似た性質がある。
これまでの冬は、インフルにはライバルはいなかった。だが、
「この冬」は新型コロナという強力なライバルがいたために、
インフルの感染が広がる余地が少ない状態になっていたとみられるという。
https://www.asahi.com/articles/ASP3Q4F1VP2XUBQU004.html
米モデルナ、新型コロナとインフルエンザの混合ワクチン開発着手
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-moderna-idJPKBN2G51Z6
2020年2月6日:米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)は、
19~20年のインフルエンザ流行が過去10年で最悪規模になると予測している。
インフルエンザの流行が深刻だった17~18年の感染者数は4500万人、死者数は6万1000人だった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55312830W0A200C2000000/
専門家「今シーズンは、インフルエンザ大流行の可能性」秋冬に注意
ttps://www.youtube.com/watch?v=huEXiePvm5o&t=278s

私は明日,も,書きます。

 

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98 
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194 

敬具。

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

 

追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


「中国、日本、韓国、アメリカ」は「非人権の同盟国」だ!クレイジー
日本政府に逮捕された「マイケル・テイラー氏」はアメリカに「見捨てられた」と言った!
「マイケル・テイラー氏」は無罪の「カルロスゴーン」を日本から救出した「米国のヒーロー」だ!
米国人は「マイケル・テイラー氏」を「救出」するべきだ!
「マイケル・テイラー氏」を「救出」するためには日本製品の「不買運動」を行うべきだ!
そして入管法事件」の被害者の人権を取り戻すために、世界中で日本製品の「不買運動」を行うべきだ!

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 

英国首相   へ  世界的に、2シーズンはインフルエンザの流行がなかった。 日本では2019-2020、2020-2021という2つのシーズンでインフルエンザの大きな流行がみられませんでした。 (ほぼゼロです)。 このことは、2年間に渡りインフルエンザに対する免疫を持たない人が増え続けていることになります。

ボリス・ジョンソン英国首相   へ 


2021-09-23:拝啓 
よいアイデアだ!
しかし、このワクチンは「緊急時の特例」ではなく「正規の治験」を行って正式に認可を受けて発売してほしい。
米国のモデルナは9月9日、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)と
季節性インフルエンザワクチンの接種が1回で済む「新型ワクチン」の開発に着手していることを明らかにした。

「ウイルス干渉」が起きていた?
疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、
死者数は1万人を超えた。2020~2021年は世界的にも最も少なかった。
理由について「ライバルのコロナが強すぎた」と話した。
あるウイルスに感染していると、他の似たタイプのウイルスには同時に感染しにくくなる。

世界的に、2シーズンはインフルエンザの流行がなかった。
日本では2019-2020、2020-2021という2つのシーズンでインフルエンザの大きな流行がみられませんでした。
(ほぼゼロです)。
このことは、2年間に渡りインフルエンザに対する免疫を持たない人が増え続けていることになります。

 

f:id:oyazimirai:20210805163508j:plain

ある専門家の意見は「ウイルス干渉」を否定した。専門家らしくない。
感染症の専門家がインフルエンザについて、昨シーズン流行がなかったため「その分」免疫が落ちている。
今シーズンは大流行の可能性もあり。それで彼は「インフルエンザのワクチン接種」を呼びかけました。

「デルタ型」や「ミュー型」の「変異ウィルス」は「インフルエンザウィルス」よりも強力に強い。
だから今年も「ウイルス干渉」が起きるだろう。
新型コロナに感染しないように、
「コロナマスク」を装着するなどの対策をしていれば「インフルエンザの対策」にもなると思います。
「米国のモデルナ」の「コロナとインフルエンザ」の「混合ワクチン」を「使用するシーズン」は来ないだろう、
と私は思う。
私は安易に「コロナワクチン」を開発することは、
「変異ウィルス」の「発生を促進」するので「避けるべきだ」と思う。

第1部。「ライバルが強すぎた」コロナが蔓延の状況下でインフル激減の理由・
インフルが流行すると、「RSウイルスの感染症」の「流行」が「鎮まる」という現象が世界的に起きている。
こうした「ウイルス干渉」が起きていたのではないかと、中山さんは指摘する。
新型コロナもインフルも、鼻やのどから侵入するという似た性質がある。
これまでの冬は、インフルにはライバルはいなかった。だが、
「この冬」は新型コロナという強力なライバルがいたために、
インフルの感染が広がる余地が少ない状態になっていたとみられるという。
https://www.asahi.com/articles/ASP3Q4F1VP2XUBQU004.html
米モデルナ、新型コロナとインフルエンザの混合ワクチン開発着手
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-moderna-idJPKBN2G51Z6
2020年2月6日:米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)は、
19~20年のインフルエンザ流行が過去10年で最悪規模になると予測している。
インフルエンザの流行が深刻だった17~18年の感染者数は4500万人、死者数は6万1000人だった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55312830W0A200C2000000/
専門家「今シーズンは、インフルエンザ大流行の可能性」秋冬に注意
ttps://www.youtube.com/watch?v=huEXiePvm5o&t=278s

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98 
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194 

敬具。

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)


追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


「中国、日本、韓国、アメリカ」は「非人権の同盟国」だ!クレイジー
日本政府に逮捕された「マイケル・テイラー氏」はアメリカに「見捨てられた」と言った!
「マイケル・テイラー氏」は無罪の「カルロスゴーン」を日本から救出した「米国のヒーロー」だ!
米国人は「マイケル・テイラー氏」を「救出」するべきだ!
「マイケル・テイラー氏」を「救出」するためには日本製品の「不買運動」を行うべきだ!
そして入管法事件」の被害者の人権を取り戻すために、世界中で日本製品の「不買運動」を行うべきだ!

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 

バイデン大統領 へ!「ウイルス干渉」が起きていた? 米疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、 死者数は1万人を超えた。2020~2021年は世界的にも最も少なかった。 理由について「ライバルのコロナが強すぎた」と話した。 あるウイルスに感染していると、他の似たタイプのウイルスには同時に感染しにくくなる。

バイデン大統領 へ!


2021-09-23:拝啓 
よいアイデアだ!
しかし、このワクチンは「緊急時の特例」ではなく「正規の治験」を行って正式に認可を受けて発売してほしい。
米国のモデルナは9月9日、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)と
季節性インフルエンザワクチンの接種が1回で済む「新型ワクチン」の開発に着手していることを明らかにした。

「ウイルス干渉」が起きていた?
疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、
死者数は1万人を超えた。2020~2021年は世界的にも最も少なかった。
理由について「ライバルのコロナが強すぎた」と話した。
あるウイルスに感染していると、他の似たタイプのウイルスには同時に感染しにくくなる。

 

f:id:oyazimirai:20210805163508j:plain

世界的に、2シーズンはインフルエンザの流行がなかった。
日本では2019-2020、2020-2021という2つのシーズンでインフルエンザの大きな流行がみられませんでした。
(ほぼゼロです)。
このことは、2年間に渡りインフルエンザに対する免疫を持たない人が増え続けていることになります。

ある専門家の意見は「ウイルス干渉」を否定した。専門家らしくない。
感染症の専門家がインフルエンザについて、昨シーズン流行がなかったため「その分」免疫が落ちている。
今シーズンは大流行の可能性もあり。それで彼は「インフルエンザのワクチン接種」を呼びかけました。

「デルタ型」や「ミュー型」の「変異ウィルス」は「インフルエンザウィルス」よりも強力に強い。
だから今年も「ウイルス干渉」が起きるだろう。
新型コロナに感染しないように、
「コロナマスク」を装着するなどの対策をしていれば「インフルエンザの対策」にもなると思います。
「米国のモデルナ」の「コロナとインフルエンザ」の「混合ワクチン」を「使用するシーズン」は来ないだろう、
と私は思う。
私は安易に「コロナワクチン」を開発することは、
「変異ウィルス」の「発生を促進」するので「避けるべきだ」と思う。


第1部。「ライバルが強すぎた」コロナが蔓延の状況下でインフル激減の理由・
インフルが流行すると、「RSウイルスの感染症」の「流行」が「鎮まる」という現象が世界的に起きている。
こうした「ウイルス干渉」が起きていたのではないかと、中山さんは指摘する。
新型コロナもインフルも、鼻やのどから侵入するという似た性質がある。
これまでの冬は、インフルにはライバルはいなかった。だが、
「この冬」は新型コロナという強力なライバルがいたために、
インフルの感染が広がる余地が少ない状態になっていたとみられるという。
https://www.asahi.com/articles/ASP3Q4F1VP2XUBQU004.html
米モデルナ、新型コロナとインフルエンザの混合ワクチン開発着手
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-moderna-idJPKBN2G51Z6
2020年2月6日:米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)は、
19~20年のインフルエンザ流行が過去10年で最悪規模になると予測している。
インフルエンザの流行が深刻だった17~18年の感染者数は4500万人、死者数は6万1000人だった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55312830W0A200C2000000/
専門家「今シーズンは、インフルエンザ大流行の可能性」秋冬に注意
ttps://www.youtube.com/watch?v=huEXiePvm5o&t=278s

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98 
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194 

敬具。

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

 

追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


「中国、日本、韓国、アメリカ」は「非人権の同盟国」だ!クレイジー
日本政府に逮捕された「マイケル・テイラー氏」はアメリカに「見捨てられた」と言った!
「マイケル・テイラー氏」は無罪の「カルロスゴーン」を日本から救出した「米国のヒーロー」だ!
米国人は「マイケル・テイラー氏」を「救出」するべきだ!
「マイケル・テイラー氏」を「救出」するためには日本製品の「不買運動」を行うべきだ!
そして入管法事件」の被害者の人権を取り戻すために、世界中で日本製品の「不買運動」を行うべきだ!

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 

よいアイデアだ! しかし、このワクチンは「緊急時の特例」ではなく「正規の治験」を行って正式に認可を受けて発売してほしい。 米国のモデルナは9月9日、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)と 季節性インフルエンザワクチンの接種が1回で済む「新型ワクチン」の開発に着手していることを明らかにした。


内閣総理大臣 菅 義偉 様


2021-09-23:拝啓 
よいアイデアだ!
しかし、このワクチンは「緊急時の特例」ではなく「正規の治験」を行って正式に認可を受けて発売してほしい。
米国のモデルナは9月9日、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)と
季節性インフルエンザワクチンの接種が1回で済む「新型ワクチン」の開発に着手していることを明らかにした。

 

f:id:oyazimirai:20210805163508j:plain

「ウイルス干渉」が起きていた?
疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、
死者数は1万人を超えた。2020~2021年は世界的にも最も少なかった。
理由について「ライバルのコロナが強すぎた」と話した。
あるウイルスに感染していると、他の似たタイプのウイルスには同時に感染しにくくなる。

世界的に、2シーズンはインフルエンザの流行がなかった。
日本では2019-2020、2020-2021という2つのシーズンでインフルエンザの大きな流行がみられませんでした。
(ほぼゼロです)。
このことは、2年間に渡りインフルエンザに対する免疫を持たない人が増え続けていることになります。

ある専門家の意見は「ウイルス干渉」を否定した。専門家らしくない。
感染症の専門家がインフルエンザについて、昨シーズン流行がなかったため「その分」免疫が落ちている。
今シーズンは大流行の可能性もあり。それで彼は「インフルエンザのワクチン接種」を呼びかけました。

「デルタ型」や「ミュー型」の「変異ウィルス」は「インフルエンザウィルス」よりも強力に強い。
だから今年も「ウイルス干渉」が起きるだろう。
新型コロナに感染しないように、
「コロナマスク」を装着するなどの対策をしていれば「インフルエンザの対策」にもなると思います。
「米国のモデルナ」の「コロナとインフルエンザ」の「混合ワクチン」を「使用するシーズン」は来ないだろう、
と私は思う。
私は安易に「コロナワクチン」を開発することは、
「変異ウィルス」の「発生を促進」するので「避けるべきだ」と思う。

第1部。「ライバルが強すぎた」コロナが蔓延の状況下でインフル激減の理由・
インフルが流行すると、「RSウイルスの感染症」の「流行」が「鎮まる」という現象が世界的に起きている。
こうした「ウイルス干渉」が起きていたのではないかと、中山さんは指摘する。
新型コロナもインフルも、鼻やのどから侵入するという似た性質がある。
これまでの冬は、インフルにはライバルはいなかった。だが、
「この冬」は新型コロナという強力なライバルがいたために、
インフルの感染が広がる余地が少ない状態になっていたとみられるという。
https://www.asahi.com/articles/ASP3Q4F1VP2XUBQU004.html
米モデルナ、新型コロナとインフルエンザの混合ワクチン開発着手
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-moderna-idJPKBN2G51Z6
2020年2月6日:米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)は、
19~20年のインフルエンザ流行が過去10年で最悪規模になると予測している。
インフルエンザの流行が深刻だった17~18年の感染者数は4500万人、死者数は6万1000人だった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55312830W0A200C2000000/
専門家「今シーズンは、インフルエンザ大流行の可能性」秋冬に注意
ttps://www.youtube.com/watch?v=huEXiePvm5o&t=278s

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98 
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194 

敬具。

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

 

追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


「中国、日本、韓国、アメリカ」は「非人権の同盟国」だ!クレイジー
日本政府に逮捕された「マイケル・テイラー氏」はアメリカに「見捨てられた」と言った!
「マイケル・テイラー氏」は無罪の「カルロスゴーン」を日本から救出した「米国のヒーロー」だ!
米国人は「マイケル・テイラー氏」を「救出」するべきだ!
「マイケル・テイラー氏」を「救出」するためには日本製品の「不買運動」を行うべきだ!
そして入管法事件」の被害者の人権を取り戻すために、世界中で日本製品の「不買運動」を行うべきだ!

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp


全文は下記のプログで公開しております。

http://haikei-souridaizin.seesaa.net/


この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。
罪名は、特別「公務員職権乱用罪」および「虚偽告訴罪」です。
検察は「告訴状」「告発状」を職権によって握りつぶしました。
よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1)外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
2)検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが「適用する法律の誤り」です。


私は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、
「名誉の回復」と「賠償」を求めます。

私は毎日、日本のみならず国際社会に発信しています。
日本は外国人労働者を必要としています。
しかしこの問題を解決しなければ外国人労働者は来ません。
また企業も安心して外国人を雇用できません。
皆さん、この問題を真剣に考えてください。

 

バイデン大統領 へ!政府は、これでも「ワクチンの接種」を国民に「強要」しますか。 これでも、各国は「ワクチンパスポート」で「人の流れ」を増やしますか。 南米由来の新たな変異ウイルス「ミュー ウィルス株」について、 東大などの研究チームは、ワクチン接種などで作られる中和抗体の効果が、 従来株と比べておよそ7分の1になるとする研究結果を発表しました。


バイデン大統領 へ!

f:id:oyazimirai:20210805163508j:plain


2021-09-22:拝啓 
「デルタウィルス株」よりも恐ろしい「ミュー ウィルス株」がやってきた。
東京オリンピックパラリンピック」の関係で、海外から多くの人々が来日しました。
それで、日本でも「南米で主流となっている『ミュー ウィルス株』」が発見されています。
東京大学医科学研究所は、『ミュー ウィルス株』は体内で感染や重症化を防ぐ
“中和抗体”の効果がほぼないとする分析結果を発表しました。

日本はいままでの「デルタウィルス株」から「ミュー ウィルス株」へと「移行」をすると思います。
しかし、日本政府の「ミュー ウィルス株」への対応はこれからです。」
日本医師会の常任理事を務める「釜萢敏さん」が言います。
日本では、「ミュー ウィルス株」が「検疫」で数例、見つかっています。
これまでは「デルタウィルス株」を見つけることに「注力」していました。
しかし、これからは「新たな変異株」をしっかり「把握できる体制の確立」が必要だと思います。

各国は「デルタウィルス株」だけでなく「ミュー ウィルス株」の対応を急ぐべきです。
各国政府は「ワクチンの接種」や「ワクチンパスポート」に頼らない政策が必用です。
まずやるべきは「他国」からの「人」の流入を止めるべきです。
感染力の強い「デルタウィルス型」などが世界的に拡散する中、
EUは入域規制の対象を拡大させている。8月末には米国も「安全国」から除外した。

各国々の政府は、これでも「ワクチンの接種」を国民に「強要」しますか。
これでも、各国は「ワクチンパスポート」で「人の流れ」を増やしますか。
南米由来の新たな変異ウイルス「ミュー ウィルス株」について、
東大などの研究チームは、ワクチン接種などで作られる中和抗体の効果が、
従来株と比べておよそ7分の1になるとする研究結果を発表しました。

東京医科歯科大学のプレスリリースによると、
2021年8月中旬の新型コロナ患者から検出した「デルタウィルス株」から、
「アルファウィルス株」の持つ特徴的な変異である
「N501Y変異」に似た変異であ「N501S」という変異を持つ新たな「デルタウィルス株」が検出されたとのことです。
この患者さんには海外渡航歴がなかったということで、日本国内で感染したものと考えられます。

第1部。ミュー株に中和抗体「ほぼ効果ない」最新研究で判明(2021年9月8日)
東京大学医科学研究所・佐藤佳准教授:
「感染して治った方」と「ファイザーのワクチンを打った方」の「血清」を使って検討した。
どちらも「中和抗体」が「効きにくい」結果だった。
一番、効かないといわれていたベータ株よりも、ミューの方が効かない。
https://www.youtube.com/watch?v=mCFsUoJ11AQ
EU、日本からの渡航を再び制限へ 感染拡大で3カ月ぶり
日本がEUの「安全国」リストから外れるのは約3カ月ぶり。週内にも正式決定する。
実際に入国を制限するかどうかはEU各国が個別に判断する。
適用されれば日本からの観光目的での渡航は原則的にできなくなる。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB090B60Z00C21A9000000/

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98 
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194 

敬具。

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

 


追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


「中国、日本、韓国、アメリカ」は「非人権の同盟国」だ!クレイジー
日本政府に逮捕された「マイケル・テイラー氏」はアメリカに「見捨てられた」と言った!
「マイケル・テイラー氏」は無罪の「カルロスゴーン」を日本から救出した「米国のヒーロー」だ!
米国人は「マイケル・テイラー氏」を「救出」するべきだ!
「マイケル・テイラー氏」を「救出」するためには日本製品の「不買運動」を行うべきだ!
そして入管法事件」の被害者の人権を取り戻すために、世界中で日本製品の「不買運動」を行うべきだ!

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp