日本の司法行政と政治家

「風が吹けば、桶屋が儲かる」の因果関係で、 何人にも幇助罪を適用し、犯罪人にする、日本の司法行政の恐るべき事実!

民進党へのメール:国会議員として、安倍首相の憲法改正提案に抗議すべきです。民主党案は、自衛隊法を改正して、憲法25条の生存権を根拠に「自衛隊」の存在根拠を示すべきです!2017年05月08日

民進党へのメール:国会議員として、安倍首相の憲法改正提案に抗議すべきです。民主党案は、自衛隊法を改正して、憲法25条の生存権を根拠に「自衛隊」の存在根拠を示すべきです!2017年05月08日


反対理由として、
1.蓮舫代表の、安倍首相が言うから反対は、論外です。自民党政権だから反対というのも、理由になりません。
2.安倍首相が、9条に自衛隊の根拠規定を追加して、20年施工を目標に憲法改正を行うとの発言は、憲法99条違反です。
 憲法第99条:「天皇又は摂政及び国務大臣国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」
 首相といえども、国会議員である、国会議員が、憲法99条に反する言動をすることは許されない。民主党国会議員は、天皇陛下と同じように、この憲法を尊重し、擁護する義務を履行してください。
3.ちなみに天皇陛下は、憲法99条に沿った、ご意見を述べられています。
  天皇陛下の記者会見の全文は次の通り。
  http://www.tokyo-np.co.jp/feature/koushitsu/131223/
  天皇陛下80歳の誕生日のお言葉は、憲法を遵守するとのお言葉です。
  「今後とも憲法を遵守する立場に立って、事に当たっていくつもりです。」
   このお言葉は、憲法99条によるものだと思います。
   何事につけ、天皇陛下が、一番憲法を尊重し擁護しておられます。
4.民進党は、天皇制の護持、日米安保護持、平和憲法護持に基づき、憲法25条の生存権で、自衛隊の根拠とします。よって、自衛隊法を改正し、憲法25条の規定(生存権)に基づく、専守防衛自衛隊とします。
 これらを、民主党として発信することにより、保守政党、「民進党」が復活します!
何度も、お願いしていますが、ホワイトハウスや海外のメディア、外国政府にも支援を要請しています。日本語 原文 ttp://oyazimirai.hatenablog.com/entry/2017/04/14/160627  また、国連人権高等弁務官への「個人通報」の内容は、メディア等 関係者専用に下記にUPしました。日本政府が「個人通報」制度を批准しなくとも、国際刑事裁判所への提訴など途はありますのでご支援ください。 http://www.miraico.jp/メール参照   長野恭博