兎の眼

「風が吹けば、桶屋が儲かる」の因果関係で、 何人にも幇助罪を適用し、犯罪人にする、日本の司法行政の恐るべき事実!

2022-01-23から1日間の記事一覧

バイデン大統領 へ こうした「コロナ情報」が「共有」されていれば「ワクチンパスポート」などは生まれなかったと思います。「ワクチンパスポート」は「ワクチンを2回接種た人」は、全員が「抗体」がある「前提」で運用されている。こうした「政治的判断」が「ウィルスの再拡大」に繋がっていると思います。

バイデン大統領 へ 2022年01月23日:日曜版。拝啓、国立病院や「大学の付属病院」などは「コロナの感染防止」や「コロナの治療」に役立つ「研究」行なうべきだ。例えば「コロナ感染者」が体外に発信している情報を探すことです。「眼」が発信する情報は昔か…

フランス大統領   「中等症以下」の患者を受け入れている「インターパーク 倉持呼吸器内科」では「院内感染」を防ぐため、接種を終えた患者やスタッフに体内の抗体量を調べる抗体検査を定期的に行っている。スタッフはファイザー製ワクチンを5月頃に2回接種したが、約40人のうち1人に抗体ができなかったという。こうした情報をデータベース化して「コロナ対策」に役立てるべきです。

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ 2022年01月23日:日曜版。拝啓、国立病院や「大学の付属病院」などは「コロナの感染防止」や「コロナの治療」に役立つ「研究」行なうべきだ。例えば「コロナ感染者」が体外に発信している情報を探すことです。「眼…

ドイツ連邦首相  昭和大学病院では、ブレイクスルー感染の患者が現在8人いて、中には重症者もいるという。また、医療従事者の中にも、ワクチンを2回接種した後に感染する医師や看護師がいて、危機感が強まっている。こうした情報をデータベース化して「コロナ対策」に役立てるべきです。

ドイツ連邦首相 オラフ・ショルツ へ 2022年01月23日:日曜版。拝啓、国立病院や「大学の付属病院」などは「コロナの感染防止」や「コロナの治療」に役立つ「研究」行なうべきだ。例えば「コロナ感染者」が体外に発信している情報を探すことです。「眼」が発…

英国首相   へ  私は「サーモグラフィ」のように「ウィルス感染」が瞬時に判明できる「(コロナ)ウィルス感知器」の開発を提唱している。開発の鍵を握るのは「コロナ感染者」が「身体」から発進する様々な情報です。この情報を発見する研究が必要です。例えば、感染者の血液に含まれる成分です。「スマート腕時計」から瞬時に血液の成分データを取り出すことは可能です。

ボリス・ジョンソン英国首相 へ 2022年01月23日:日曜版。拝啓、国立病院や「大学の付属病院」などは「コロナの感染防止」や「コロナの治療」に役立つ「研究」行なうべきだ。例えば「コロナ感染者」が体外に発信している情報を探すことです。「眼」が発信す…

国立病院や「大学の付属病院」などは「コロナの感染防止」や「コロナの治療」に役立つ「研究」行なうべきだ。例えば「コロナ感染者」が体外に発信している情報を探すことです。「眼」が発信する情報は昔からあり、ドイツや中国では「製品化」している。しかしまだ情報が不足しています。

長野恭博 オピニオン 2022年01月23日:日曜版。拝啓、国立病院や「大学の付属病院」などは「コロナの感染防止」や「コロナの治療」に役立つ「研究」行なうべきだ。例えば「コロナ感染者」が体外に発信している情報を探すことです。「眼」が発信する情報は昔…