兎の眼

「風が吹けば、桶屋が儲かる」の因果関係で、 何人にも幇助罪を適用し、犯罪人にする、日本の司法行政の恐るべき事実!

フランス大統領   マクロン   へ   ウクライナ軍が「反転攻勢」で昨年8月に奪還した「南部ザポロジエ州ロボティネ」では、今も「激しい攻防」が続いている。しかし、ウクライナは終戦を探っているようです。

フランス大統領   エマニュエル・マクロン   へ   



2024年5月18日:土曜版。 拝啓、
ウクライナ戦争は「大詰め」のようです。ロシア内務省は、ゼレンスキー氏を指名手配して終戦に備えるようだ。ロシアはウクライナで新たに547平方キロを制圧。

ウクライナ国防省情報総局のスキビツキー副長官は「戦争は交渉によって終わらせることができる」と述べ、軍事力だけでロシアを駆逐するシナリオは難しいと示唆した。

目下、ドネツク州の要衝チャソフヤル防衛が焦点だが、スキビツキー氏は、陥落は「時間の問題」と悲観した。ゼレンスキーはウクライナ政権内部から「終戦」を指摘されている。

ウクライナ軍が「反転攻勢」で昨年8月に奪還した「南部ザポロジエ州ロボティネ」では、今も「激しい攻防」が続いている。しかし、ウクライナ終戦を探っているようです。

ロシア通信によると、同州の親ロシア派幹部ロゴフ氏は1日、「ロシア軍がロボティネに国旗を掲げた」と主張した。ウクライナは「反論」をしなくなった。

ウクライナ軍は、多大な犠牲を伴って取り戻した領土を再び奪われることがあれば、ウクライナ側の士気に大きく影響しそうだ。ゼレンスキーは「癌患者」まで「徴兵」している。

侵攻2年目の昨年6月から半年間、ウクライナ軍は反転攻勢を試みたが、望んだ成果を得られなかった。「ウクライナ人」は気がついたようだ。「我々」は、アメリカ人に殺されている。。。。

ゼレンスキー政権が奪還した占領地の規模よりも、ロシア軍が今年に入って掌握した面積の方が上回っているもようだ。だから、ローマ法王は「白旗を上げろ」と、「言っている」でしょう!

アメリカやEU」はウクライナ国民に「代理戦争」をさせて、これ以上「殺す」ことを止めるべきです。借金による「戦争景気」は終わりにするべきです。

ゼレンスキー氏を指名手配した理由は、「ロシア人やウクライナ人」を殺害した罪だと思います。ゼレンスキーは「戦争」で国土を取り戻す「選挙公約」をして、バイデン氏と共謀して「戦争」を始めて、多くの人々を殺害した。

「WW2」で「太平洋戦争」を「主導」した日本の「東条英機」の犯罪名は「平和に対する罪」だった。彼は死刑になった。ゼレンスキーも当然、「死刑」だと思います。

ロシアはゼレンスキー氏を指名手配することで、終戦の準備をしていると思います。この戦争では、多くの政治家が「平和に対する罪」で処罰されるべきです。

ロシア内務省は併せて、2014年に「親ロシア派政権」が打倒されたクーデター後、「傀儡政権」で就任した「ポロシェンコ前大統領」も「指名手配」した。「この男」は「ワル」だ!!

ポロシェンコ前大統領の指名手配は当然です。彼は、アメリカの支援で「傀儡政権」を樹立した。アメリカ人が「クッキー」でウクライナ人を「買収」して「政変」を引き起こした。

この「クーデター」がクリミアに影響した。「クリミヤの親ロシア派」と「傀儡政権」とで、「内戦」になった。プーチンは「クーデター」に怒って「親露派」を支援した。

クリミア半島での内戦に、当時のオバマ大統領は、米軍の出動を許可しなかった。「米軍の参戦を主張したバイデン副大統領」は「涙をのんだ」。結局、クリミアはロシア領となった。

バイデン氏は大統領になると、アフガンから米軍を撤退して、ロシアとの「戦争体制」を固めた。バイデンは「ロシア=悪」のシナリオを作成して「自作自演」した。

これはロシアのウクライナ侵攻になった。この経緯はローマ法王が指摘している。ロシアの侵攻は、大国(アメリカ)によって、強制された侵略だと、明確に指摘している。

このウクライナ戦争はバイデン氏とプーチン氏の「確執」された戦争です。バイデン政権が続く限り、この戦争は終わりません。私は戦争を終わらせるためには、トランプ氏を大統領にするしかないと思います。

この戦争の背景は、「G7」が経済的に弱体化したことにあります。「コロナウィルス」の「パンデミック」が発生したこともあり、「G7諸国の借金」は恐ろしく膨張しています。

この赤字を解消する「政策」は無いようです。それで「G7諸国」は「戦争」で「世界経済」を「リセット」するようです。私は「リセットすること」を止めるために、「特別地帯」の提案を「し続けて」います。

第 1 部 引用/参考文献
ウクライナで新たに547平方キロ制圧 年初来、東京23区の9割相当―ロシア
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024050400286&g=int
ゼレンスキー氏を指名手配 ロシア内務省、容疑は不明
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024050500007&g=ukr

明日も書きます。


第2部。日本の人権侵害の被害者。「中国人、韓国人、フィリッピン人、米国人など」、
世界中に数万人、数十万人以上の被害者がいます。異常な人数です。
*****************************************
中国人や韓国人の被害者は「無数」にいます。
これは「WW2の戦争の前」中国人や韓国人は、日本の「2級国民」だったので、司法は彼らを「馬鹿」にしています。
*****************************************
皆さん、知り合いで、日本に行って、「入管法違反」で「逮捕された方」に教えあげてください。
日本政府に「名誉の回復と損害賠償」を「請求」するように、「各国の政府」に要求する必要があります。
政府が対応しな場合は、メディアに支援を求めてください。「正義のメディア」必ず存在します。
貴方は「ヒーロ」になるべきだ、頑張れ!!

<対象者>
「1」外国人に「虚偽の書類」を提供して、その外国人が「在留資格」を取得します。そして、その外国人が「不法就労」した場合。
外国人に「雇用契約書」など、「虚偽の書類」を提供した者は無罪です。
但し、2017年1月よりは「法改正」で処罰です。
私が「刑事告発」しいる中国人や「フィリッピン大使館の職員や外交官」は完全に無罪です。詳細は、平日(月から金)の第2部を見てください。

「2」「不法就労(資格外の活動」を行って逮捕された外国は「ほとんどの場合」無罪です。***
理由:彼らを「雇用した者」が、入管法の「不法就労を助長した罪」で処罰されていません。従って「法の下での平等」により、外国人は無罪です。
「殆どの外国人」が「少額」の「罰金」で「国外退去の処分」になっています。外国人は1人当たり「数百万円」の「賠償金」を日本政府に「請求」するべきです。

韓国人が「慰安婦問題」や「徴用工の問題」で、日本政府に「賠償金を請求」することはクレイジーです。彼らは「韓国政府」に賠償金を請求するべきです。(韓国政府は既に受領をしています)。

入管法違反」の問題は、「日韓条約」とは全く違う問題です。したがって、この問題こそ「新しい日韓の問題」として韓国の政治家は日本政府を「追及」する必要があります。韓国人や中国人は「日本の奴隷」ではないことを、堂々と主張するべきです。

日本の首相は、「法の下での統治」を叫びます。彼らは「日本のことを言っている」クレイジーです!

日本が「犯罪人引き渡し条約」を締結した国は「韓国と米国」の、たった2か国のみです。
このことからも、日本は「法の下での統治」がでない証拠です。

「起訴状」を見てください。記載の事実は「無罪」の「事実」を「述べて」います。(日本語・英語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
「私の訴え」(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/f47a69183287f42bf0b6464aedb098cc 
「私の訴え」(英語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/58d63abf2802f3a9535e5c86fd2387a

私は「日本の侍です」日本は、どの国人々とも「友達」であるべきです。「NO War」


第3部。特別地帯の建設。
「特別地帯」は、難民や移民を「暫定移民」の労働者として、居住を「特別地帯」に限定して「受け入れ」ます。先進国は彼らを低賃金労働者として活用して経済成長、難民や移民は仕事を得て人間的な希望のある生活ができます。
No2:https://world-special-zone.seesaa.net/
No1:https://naganoopinion.blog.jp/

第4部。ウクライナ戦争。
ゼレンスキーは、ミンスク合意を廃棄し、戦争を通じて領土を取り戻すという「選挙の公約」をして大統領に就任した。しかし彼の 脱税やタックスヘイブンが報道されたとき、彼は戦争を始めた。 
No2:https://ukrainawar.seesaa.net/
No1:https://ukrainian-war.blog.jp/

第5部。「米ロ中」3国軍事同盟・戦争ショー 
戦争のない世界を作るには「3国軍事同盟」が必要だ!
No2:https://urc-military.seesaa.net/
No1:https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

第6部。悪名高い日本の司法制度・人権侵害 
日本の司法制度:入管法違反事件冤罪:日産ゴーン事件冤罪:入管施設での虐待:留学生・実習生の事件:内政不干渉:海外意見 
No2:https://nipponsihou.seesaa.net/
No1:https://humanrightsopinion.blog.jp/

第7部。コロナ感知器開発 
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

第8部。北朝鮮の拉致・ミサイル問題 & 台湾防衛 
https://taiwan-defense.seesaa.net/

第9部。ワンコインユニオン&水素自動車の推進 
https://onecoinunion.seesaa.net/

第10部。「長野」オピニオン、次世代原発:CO2フリー & SDG:ロシア・ウクライナ侵攻問題:移民・難民問題:国際・米国政治・台湾問題・統一教会問題
https://naganoopinion.seesaa.net/


敬具。

長野恭博  (Yasuhiro Nagano)


毎日の投稿は、下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
nagano@miraico.jp

 

不明な点は、お問合せください!
nagano@miraico.jp